インターネット料金を安く!大東建託指定のところしかだめ?

大東建託のプロバイダ

※大東建託に住んでいる人、これから住もうとしている人必見の記事です!
私も光回線を契約しようとしていましたが、結局モバイルWIFIにした理由を書いています。

 

Q.png賃貸物件での、プロバイダー契約などについて、質問します。現在、大東建託の賃貸物件で、1人暮らしをしています。

これまで、インターネットは、会社でしかやりませんでした。
仕事上の事だけを、教わった通りにクリックしていたのです。

でも、やはり、自分の部屋にないと、不便になりました。それで、いくつか質問があります。
パソコンは、何を買えばいいでしょうか?
インターネット用の性能は、カタログのどこを見ればいいのですか?
ちなみに、ノートパソコンです。この物件には、光回線はあるそうです。

(どのコンセントなのか、よく分かりませんが。)
それで、入居のとき、J:COMの紙を渡されました。
これは、J:COMと契約しろ、ということでしょうか?

もしJ:COM以外と契約すると、賃貸条件に違反するのでしょうか?J:COMは、他のプロバイダーと比較して、どうでしょうか?
料金とか、サービスとか、教えて下さい。この方面に詳しい方、回答をお願いします。

大東建託でのインターネット契約

普段からインターネットをされる方ですと部屋探しの段階でインターネット環境は
どうなっているかを考慮しながら部屋を探されているかもしれません。

一方、入居時にはインターネットはいらないと感じていたけど、最近インターネットを
始めたくなった、という方もいらっしゃるでしょう。

 

入居するときはそんなつもりがなかったため、お住まいの物件のインターネット環境が
どうなっているか全くわからないという方もいるのでは?

今や当たり前になってきたフレッツ光、最近話題のWiMAXやイーモバイルなどがあり、
一口にインターネットと言ってもさまざまな通信形態があります。

 

今回は一人暮らしの物件でインターネットを始めるにはどうするかについてみていきます。

大東建託のインターネット料金

大東建託 インターネット料金

携帯電話のようにコードなしで通信できるモバイル通信と違い、一般的に自宅で
インターネットをする場合、インターネット工事をして部屋に回線を持ってきます。
このようなものを固定回線と言います。

自宅のパソコンなどでインターネットを使用する場合、固定回線を引くのが一般的です。
フレッツ光も固定回線です。

 

大東建託に入るとすすめられるのはフレッツ光やJCOMなどの固定回線です。
 
 

「U-NEXT(ユーネクスト) 」という代理店から勧誘の電話がかかってきた人も
多いのではないでしょうか?

 

大東建託の窓口(インターネットご案内センター)U-NEXT(ユーネクスト)はNTTの代理店なのでフレッツ光を勧めてくるケースが多いです。

 

では

固定回線は安定感抜群で通信速度もダントツです。
ただし、固定回線と言うだけあって自宅でしか使用できないのが難点です。

それでも自宅でよくインターネットを利用される方ならば固定回線は引きたいところ。
集合住宅ではその建物に既に設備環境が整っているかどうかが問題となります。

 

大東建託で「インターネット設備環境あり」などと書かれている物件では、入居したら自動的に
インターネットが使用できるわけではありませんが、建物内の共有部分には既に
インターネットの回線が引かれています。

そのため、入居者がNTTやケーブルテレビ(JCOM)に申し込むと工事後
お部屋でインターネットが使えるようになります。

 

一方、その建物内にそういった設備が整っていない場合は、個人で申し込むことになり、
近隣の状況などによっては光回線は不可能なこともあります。

 

また、固定回線はほとんどがNTTによるものですが、一部でケーブルテレビや
地方の電力会社系列の業者なども提供しており、

NTTの回線が建物内に配備されている大東建託の物件でNTTに申し込むのは基本的に問題ありませんが、
NTTの回線が配備されている物件でケーブルテレビに申し込む場合、
個人で申し込むことになってしまいますのでお気をつけください。

 

NTTやJCOMに申し込んでからおおよそ3週間位で
工事が完了します。

ちょっと長いですね・・

 

まあさくさくネットができると考えるとそれくらいは待ってもいいかもしれませんが
当然のように

 

2年契約です。

 

そのため、引っ越しなどの解約時に2年未満だったり、2年目のちょうど更新月
(25ヶ月目の月)

出ない限り、解約違約金(1万円~2万円位)を取られてしまいます!

 

これを知らずに契約している人も多いので注意が必要です。

あと、フレッツ光などの設備が大東建託の物件に入っていれば、物件の戸数(部屋数)によって
料金がきまります。

 

そのため申し込みのルートで月額料金が変わることは一切ないのです。

申し込みのルートで変わるのはキャッシュバックなどの特典だけです。

 

料金はどうかというと、物件の戸数(部屋数)が少ないほど割高(高くなる)になります。
一例ですが、4部屋の物件で月額4500円程度になります。

ただ、大東建託では無料のインターネット回線がある物件がサイトに掲載されていますので物件によっては無料でインターネットをすることができます。

家賃を見るとちょっとお値段がはっているのではと感じる物件もあるので個人的には
大東建託が家賃に若干インターネット使用料を上乗せしているのではないかと思っています。

 

フレッツ光以外(J:COMタイプ)のインターネット料金

フレッツ光以外のインターネット料金

先ほども少し触れましたが、ケーブルテレビにインターネットつきのプランがあります。

たとえばケーブルテレビのJ:COMでは、テレビで77チャンネル見ることができ、
最大160Mbpsの高速インターネットとWi-Fi、さらに固定電話付きで、
月7143円(税抜)のスマートお得プラン160があります。

 

auスマートバリュー対象なので、auのスマホをお使いの方はさらにお得です。

同じ速度でケーブルテレビなしのネットパック160Mコースもあります。
そちらは月4248円(税抜)です。

 

メールアドレスも複数取得でき、他にも無料のセキュリティーも充実していて
このお値段はお得です。

上記は全て集合住宅の場合の料金です。
さらに集合住宅の場合、大家さんによる費用の一部または全額負担でさらにお安く
利用できるところもあります。

 

そのような物件では建物の共有設備としてJ:COMが配備されています。
J:COMのサイトでどの建物に導入されているか見ることができるので参考になさってください。

 

入居時に大東建託からJ:COMの紙を渡されたら、J:COMしかだめなの?

大東建託 渡される紙

入居時に不動産や大東建託からインターネットの会社を指定されたという方もいるでしょう。

 

基本的に、その指定されたところにしなければいけないということはないと思います。
(ケースによっては無料のインターネットが込の物件もあるので契約書類をご確認ください。)

 

ただし、先ほどご紹介したJ:COMのように大家さんの負担で安く利用できる場合もあります。
そのような場合は、回線速度にこだわりがなければJ:COMでいいかもしれません。

 

費用が通常と同じ場合でも、建物に導入されている設備がNTTではなく、
J:COMであった場合、NTTのフレッツ光を利用するとなると個人で物件に
光回線を引いてもらうことになり月額費用も割高です。

 

なのでもし、不動産屋や大東建託からケーブルテレビを指定された場合は少し気を付けましょう。

 

あと個人でネット回線を引く場合ですが、大東建託の物件の部屋にある配管(電話線・エアコンダクトの穴)使ってして設置する場合は設置可能ですが
壁に穴を開ける工事が必要な場合は大東建託パートナーズの営業所に工事内容の確認が必要となります。

建物・部屋にビス止めや穴を空けた場合、退去時に補修費用を請求されるケースも
あるようですので個人の判断で大東建託の物件に固定回線(光回線など)を引く時は
よく確認したほうがいいでしょう。

 

大東建託ではケーブルテレビ以外にも物件単位でインターネット定額サービスがあるところもあります。
個人でNTTとプロバイダーに加入するよりも安く使える場合がほとんどなので、
そのような場合は素直に加入していいかもしれません。

(引っ越しする時の違約金の問題をのぞけば)

 

上記以外で普通にNTTとプロバイダーに加入する場合は、必ずしも不動産に言われた
プロバイダーに加入する必要はありません。
キャッシュバックなど特典が多い、無料で高速通信ができる場合は大東建託が紹介しているネット回線で問題ないでしょう。

ネット回線について相談したい場合は大東建託専用インターネットご案内センターというWEBページからインターネット回線について確認できます。

 

わたしは引越し時に回線の撤去がいらずに、住所変更だけ届ければいいモバイル回線(モバイルWIFIルーター)にしています。



これだとフレッツ光のように工事も必要ないですし、なにより解約しないで
そのまま持ち運べるので、違約金が発生しないメリットがあります。
不動産や大東建託に対していちいち断りを入れる手間が省けるのもメリットの一つです。

 

特にWIMAXは光並に回線速度が速いので契約する人が爆発的に増えています。

 

さらに2017年2月から速度制限が緩和され、3日で10G以上使わなければ速度制限がかからなくなりました!

 

 

WIMAXは申し込みしてから遅くても1週間以内に端末が送られてきますので
電源を入れればすぐに使えます。

 

 

大東建託の賃貸住宅でインターネット回線が遅い場合

大東建託の物件ではネットの通信速度は遅いと感じる方が多く、通信速度を
向上させたいという方はいるようです

では何故大東建託の物件はネットの通信速度が遅い場合があるのでしょうか。
その解決方法は何か無いのでしょうか?

契約しているプロバイダが遅い原因?

まず考えられることは大東建託の物件で契約しているプロバイダ、通信回線が原因で
通信速度が上がらないことです。

大東建託の賃貸住宅では提携しているU-NEXTと契約することが多いです。
こちらはIPv6に対応していないために混雑時に通信速度が遅くなります。

今までのプロバイダの多くがIPv4というインターネット接続方法を使っています。
この方式では回線接続認証に時間がかかり、認証のためのサーバーが混雑します。

これを解消するのがIPv6という新しい接続方式なのですが、これはまだ一部の
プロバイダと回線でのみ対応しているのです。

つまりプロバイダを変えることができれば回線速度が早くなる可能性もあります。
それと賃貸住宅自体が光回線を使っていないという可能性も。

大東建託の賃貸住宅全てで光回線が設置されている、という訳ではありません。
中にはケーブルテレビ回線や電話回線を使ったADSLを使っている物件もあります。

これらの回線は光回線に比べると通信速度はどうしても遅くなります。
この回線の最高速度自体が遅いために通信速度が遅く感じるという事です。

後は回線と同じく建物の設備自体に遅い原因がある可能性も考えられます。

大東建託の物件で分配方式がVDSL方式の場合は速度が遅い

集合住宅の場合、光回線は各部屋に直接設置するのではなく建物に設置してから
各部屋まで回線を分配するという形になります。

つまり一つの回線を建物全体で共有するということになります。
その為に同時にネット接続する人が増えると一人あたりの通信速度は遅くなります。

更に大東建託の各部屋に回線を分配する方式も注意が必要です。
せっかくの光回線を電話回線で分配している可能性があります。

電話回線を使った分配方式をVDSL方式といい、光回線を分配器に接続して
そこから各部屋には電話回線を使って分配しています。

電話回線は確実に各部屋に設置されているので申し込みを断られる心配がない
というメリットが有るのですが、通信速度は当然遅くなります。

大東建託の建物内部の分配にもLANケーブルを使っていれば通信速度はあまり落ちずに
高速通信が期待できるのですが・・・

この様に建物の設備自体に通信速度が遅い原因がある場合も多くあります。

大東建託の賃貸住宅で回線速度を回復させるために

大東建託の賃貸住宅でも自分でプロバイダを選んで契約できるところはあります。
その場合はIPv6対応、IPoEに対応しているプロバイダを選びます。

IPv6の接続にも従来のPPPoEの接続をしては認証の混雑を回避できません。
せっかくIPv6にするなら認証回避ができるIPoEのプロバイダを選びましょう。

それと光コラボモデルは選ばないほうがオススメです。
光コラボはオトクな割引が多く、ユーザーが多くなりやすいです。

混雑を回避することは速度が遅くなることを防げるので、ユーザーが多くなりやすい
光コラボモデルを避けたほうが通信速度は高くなりやすいです。

後は建物に設置されている装置自体が遅い原因の場合にはもうその回線を使わずに
モバイルルーターなど別の回線を使うほうがいいかも・・・

まあ混雑してしまうとモバイルルーターでも通信速度は遅くなりやすいです。
当然光回線でも混雑する時間帯を外せばそれほど速度低下がない可能性も。

ちなみに大東建託の賃貸物件に限らずインターネット回線が混雑するのは主に夜間の時間帯で、特に夜9時から
深夜2時位まではとても混雑する時間帯と言われています。

大東建託の賃貸物件で通信速度が遅くなる原因は色々と考えられるので、まずは手軽に出来る方法を
試してはいかがでしょうか。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人は下で説明している②のWIMAXか③のネクストモバイルにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は③のネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないですよ。

 



 



 
 
 






 安く20ギガ、30ギガ使いたいならネクストモバイル

 

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>20ギガ2760円で使えるWIFI