通信制限の時にDAZNを観られる?

DAZNってなに?どういうサービスが調査してみた

・ドコモが配信する新しい動画配信サービスのこと
・スポーツに特化しているけど、ドラマ、映画などは観られない
・家でも外でも好きなスポーツを好きなだけ観ることができる

今テレビでCMをやっている「DAZN」について、気になっている人は多いと思います。
「DAZN」はドコモが配信する新しい動画サービスです。

今までの動画配信サービスはドラマや映画、音楽、アニメなどの娯楽系がほとんどでした。
でも、DAZNはスポーツに特化した動画配信サービスなのです!

コンセプトは「好きなスポーツを、好きな方法で、好きなだけ」。
年間6,000以上の試合を放送するのだとか。

スポーツ好きの人には必見のサービスで、テレビでもスマホやタブレットでも動画が
観れて「見逃し配信」という一定期間の動画はいつでも観られます。

DAZNはネットを使ったサービスなので、もちろん通信環境がないと使えません。

スマホのパケットを消費したり、通信回線の通信量を消費するから、
観すぎると速度制限にひっかかってしまいます。

私も固定回線を家に引いていて、外出先ではスマホのパケットで通信をしていたとき、
動画サイトのHuluで映画を観すぎて、あっという間に制限に引っかかったことがあります。

「せっかく登録したのに外出先で観れないなんて」とがっかりしてしまいましたが、
DAZNはスマホが通信速度制限の時も観ることができるのでしょうか?

DAZNを観ていると速度制限にひっかかる?制限後も観ることは出来る?

・1試合で1GBくらい使ってしまうので月間7GBにあっという間に到達する
・DAZNは光回線で楽しむことを推奨されている動画配信サービス
・制限後は画質を落としても観ることが難しい

DAZNは通信制限後も観ることができるのでしょうか?

それをお話しする前に、まずDAZNで1試合観たらどれくらいの通信量が減るのかを説明
します。

DAZNで2時間の1試合を観たら、1GBくらいの通信量が減ってしまいます。
ですので、月間7GBには圧倒間に到達してしまいますね。

DAZNは光回線で観ることが推奨されているのは、これが理由ですね。
さらに、速度制限の時は通信速度が10年くらい前のガラケー並みに落ちます。

YOUTUBEと同じで画質を落とすことができるので、最低画質にすれば見れられる
可能性がゼロではでしょう。

でも、再生時間が長い動画は読み込むのに時間がかかって「この端末では再生でき
ません」などのメッセージが表示される可能性が高いです。

DAZNを観られる機器はどんなものがある?すべてのスマホで観ることができる?

・テレビはAndroid TV機能付きのものか、東芝、シャープ、PanasonicのスマートTV
・ゲーム機ならプレステ3、プレステ4
・スマホならios8.0以降のiphone、Android 5.0 Lolipop以降のAndroid携帯

DAZNを観るには、ある程度高機能な通信機器じゃないと観ることができません。
ここからは、DAZNを観ることができる具体的な通信機器を紹介していきます。

○テレビ

・Android TV機能付きのSONYテレビ
・東芝、シャープ、PanasonicのスマートTV

○ゲーム機などの通信機器

・プレステ3、プレステ4
・Amazon FireTV、FireTV Stick
・Google Chromecast、Google Nexus Player

○スマホ、タブレット

・ios 8.0以降のiphone、ipod touch、iPad
・Android 5.0 Lolipop以降のAndroid携帯、タブレット
・らくらくフォンなどは不可
・FireOS3以降のKindle Fireタブレット

○パソコン

・バージョン21以降のGoogle Chrome
・バージョン11以降のMicrosoft Internet Explorer
・バージョン30以降のMozilla Firefox
・バージョン6以降のApple Safari

これらの通信機器を持っていない場合は、通信回線の用意だけではなくスマホなどを
買い替える必要もあります。少し大変になってしまいますね。

光回線を設置している家庭は実は少ない?DAZNは他の回線でもOK

・全体の約60%くらいしか光回線と契約をしていない
・残りのほとんどは携帯電話回線でネットしている
・DAZNを観るためだけに光回線を契約するのはもったいない

DAZNを観るためには、月間の通信量に余裕のある回線を契約する必要があります。

推奨通信環境が光回線なので、今日本でどれくらいの人たちが光回線を契約している
のか調べてみました。

その結果、全体の約60%くらいの人しか光回線を導入していないことが分かりました。
残りの約40%の人たちは携帯電話回線でネットしています。

つまり、スマホのパケットだけでどうにかしているみたいですね。
これではDAZNを思いっきり楽しめないので、光回線ほど豪華ではない回線に契約しましょう。

例えば、モバイルWIFIルーターなら光回線よりも安く、手軽にネット環境が作れますよ。

DAZNを観るにはクレジットカードが必要。発行の仕方を調査

・クレジットカードかデビットカードが必要
・ふつうカードの発行には1か月くらいかかってしまう
・デパートやスーパーなどのクレジットカードは即日発行できる

DAZNに申し込みをするにはクレジットカードが必要です。
ですので、クレジットカードを持っていない人は発行しましょう!

ふつう、クレジットカードを発行するためには申し込みをするための審査があります。

この審査に1か月以上かかってしまうので、ふつうにクレジットカードを発行しようと
すると、かなりの時間が必要になります。

あなたが観たいスポーツの試合が1か月以内にある場合は、間にあいませんよね?
そこで、デパートやスーパーでクレジットカードを発行してください。

デパートやスーパーのクレジットカードの中には、即日発行できるものがあります。
今からクレジットカードを作って、翌日にDAZNに申し込みも可能。

でも、過去5年間にスマホの料金のを遅延などした場合は、審査に落ちてしまいます。
そういう時はデビットカードを作りましょう。

デビットカードは、銀行引き落としのカードで審査がありません。
ブラックリストに載っていない限り、作れます。

未成年でも親権者の同意があれば作れます。
DAZNで使えるのは、DISAデビットとJCBデビットです。

クレジットカードがない場合はどうやって申し込む?他のカードは?

・チャージ式プリペイドカードでも申し込みができる
・体験談で使えたというカードはVプリカ、おさいふponta
・どちらもコンビニで購入できる

クレジットカードは即日発行できるものもあります。
持っていなくても、すぐにDAZNに申し込むことができます。

でも、クレジットカードをわざわざ作るのに抵抗がある場合は、チャージ式プリペイド
カードにしましょう。

チャージ式プリペイドカードで、DAZNで使えると体験談があったものはVプリカ、
おさいふpontaの2種類。

どちらもコンビニで購入できて、コンビニでチャージできますよ。

動画サービスにはコンビニ払いや振り込みができるものもありますが、DAZNは
現在のところ、この支払方法は採用していません。

その理由はDAZNはドコモだけのサービスではなく、世界共通で使われているから。
決算システムを日本のファクターの制度に合わせる可能性は低いです。

面倒ではありますが、カードを発行しましょう。
他には、メールアドレスや通信回線が必要になります。

DAZN推奨の光回線にはどんな会社があるのかまとめてみた

・一番人気はフレッツ光
・他には、au光、NURO光、EO光などの光回線がある
・ソフトバンク光、ドコモ光、ぷらら光などは光コラボ

DAZNが推奨する光回線には、さまざまな会社があります。
ここで光回線をいくつか紹介しましょう。

・フレッツ光

NTTの光回線サービスで、一番人気です。
東日本と西日本ではサービスが異なりますが、マンションの場合は自治会の許可がない
と開通出来ないのは共通です。

月額5,200円で高速通信が可能ですが、フレッツ光の利用者が多いから混雑して速度が
遅くなることがあります。

・au光

光回線の全国ネットワークを持っているのは、auのKDDIだけです。
NTT回線が混雑していても、au回線が使えることがよくあるので繋がりやすい。
NTT以外で独自の光回線を持っているのはauだけ。

月額4,900円前後とフレッツ光よりも安いのが特徴ですが、工事までに時間がかかります。

・NURO光

NTTの光回線と独自回線を両方使っているのが特徴ですね。
通信エリアが狭いのがデメリットで、関東地方でしか使えません。

・EO光

関西地方でしか使えない光回線。
格安SIMのmineo(マイネオ)の運営会社として有名です。
通信速度がそこそこ出るみたいで、品質も高いようです。

・光コラボ

ドコモやソフトバンクがやっている光コラボは、フレッツ光の回線を格安で利用できます。
月額4,200円くらいで使えることもあるので、かなりお得です。

工事費はかかってしまいますし、サポートや速度が落ちるのがデメリットです。
またプロバイダを変更するのは一度解約する必要があります。

このように光回線はどの回線でもある程度の料金を取られてしまいます。
そして、通信回線の工事がいるので手間がかかってしまいます。

ドコモユーザーならDAZNを44%オフで契約できる

・ドコモユーザーはDAZNの月額利用料は980円
・dtvとセットで契約すると、ドコモユーザーじゃなくても200円オフ
・それ以外は月額1,750円

DAZNは速度制限の時でも観れるのかどうか、契約に必要なものはなにかなど
DAZNの基礎知識をまとめてきましたが、気になるのは利用料ですよね?

・ドコモユーザー 約44%オフ 月額980円
・dtvとセット 月額200円オフ
・ドコモユーザー以外 月額1,750円

ちなみにドコモユーザー以外がDAZNとdtvとセットで契約する場合は、月額2,050円。
DAZNは、一般ユーザーよりもドコモユーザーが契約した方がやはりお得なようですね。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人はWIMAXにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 


速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。


 

 >>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 



 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。

 


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
月額2000円台で使えるのは本当にありがたいです。

 

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

 

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

 

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。

 








通信制限の時にDAZNを観られる? はコメントを受け付けていません。 dazn