自宅にWiFiを設置するには何が必要?基本を教えて!

自体にWi-Fiを設置するには、ルーターを買って設定すればいいだけ?

・モバイルWIFIルーターの場合はそれでOK
・固定回線の場合は通信回線との契約が必要
・どちらも設定はかんたんだから初心者でも安心

インターネットに詳しくない人がとても多いですが、その中でインターネット契約を
したい人もとても多いです。

特に「Wi-Fiを自宅に飛ばしたい」と思っている人は、かなりいるはず。

私も一人暮らしを始めたばかりのころはインターネットにぜんぜん詳しくないのに、
「インターネットは無線でしたい」と思っていました。

一人暮らしを始めて自分でインターネットを契約するなら、基本的な知識くらいは
あった方がいいでしょう。

私も以前はインターネットのことなんてまったくわかりませんでしたが、いろいろと
調べているうちに、少しづつ詳しくなってきました。

まず、自宅でWI-FIと飛ばすにはルーターと設定だけで出来る方法があります。
それは、モバイルWIFIルーターという無線のルーターを使う方法です。

無線通信でインターネットとつながるので、通信回線なしで使えます。
モバイルWIFIルーターのサイトから申し込みをすれば、数日で自宅に届きますよ!

でも、ふつうの無線LANルーターの場合は通信回線と契約しないといけません。
フレッツ光などのサイトから申し込んで、契約を行いましょう。

モバイルWIFIルーターでも固定回線のルーターでも、設定はかんたん。
5分くらいで済むので、初心者でも安心です。

Wi-Fiはルーターだけじゃダメ?受信する機器も必要

・スマホやタブレット、ノートパソコンなどがWi-Fiを受信する仕組みになっている
・古いガラケーや古いパソコンはWi-Fi受信機がない
・ルーターとスマホやパソコンは親機と子機の関係

自宅にWi-Fiを飛ばすためにルーターを設置しても、それを活用する通信機器がないと
いけません。

通信機器とはスマホ、タブレット、ノートパソコンなどのこと。
これらは子機となってWi-Fiをキャッチします。

ルーターは親機になります。

今発売されているほとんどすべてのスマホ、タブレット、ノートパソコンがWi-Fiに
対応しているので、吟味しなくてもWi-Fiを使えますよ。

でも古いガラケーをずっと使っていたり、家にあった古いパソコンを使うときは、
Wi-Fiに対応していないので、ルーターを設置しても使えない可能性があります。

ルーターをつなぐ方法は?何が必要でどうつなぐ?

・LANケーブルが必要
・固定回線の設置工事のときに業者さんがやってくれる
・自分でやる場合もモデムとルーターをケーブルでつなぐだけ

インターネット回線がすでに設置してある自宅でルーターを使う場合は、LANケーブル
が必要です。

このLANケーブルと回線をつなぐ工程は通信回線の設置工事をしている業者さんが
やってくれるのですが、自分でやる場合でもかんたんです。

ルーターにはいろんなUSBポートがありますが、「WAN」と書かれているポートがLAN
ケーブルのポ―トです。

そして、この接続が終わったら今度は設定です。

設定方法はスマホでもタブレットでも、パソコンでも、「設定」→「Wi-Fi」→
「ルーターに書かれている自分のチャンネルを選択」でインターネットにつながります。

このときにパスワードを入力するのですが、設定でパスワードなしにすることができます。

「設定のときに面倒だから」とパスワードなしにすると、隣の家の人や家の前を通った人が
勝手にあなたの回線でインターネット出来るようになってしまいます。

他人にあなたの通信回線を使われて、通信量が増えてしまうので危険ですよ!
パスワードなしの設定にはしないでください。

そもそもスマホだけでインターネットできるのにどうしてWi-Fiが必要なの?

・スマホだけで家でも外出先でもインターネットしていると月間7GBしか使えない
・自宅にWi-Fiを設置すれば家の中では無制限で使える
・外出先で月間7GB使えるので、通信量が増える

インターネットをするためには、スマホのパケットだけあればOKです。
なのにどうしてWi-Fiを設置する必要があるのでしょうか?

そのことについてくわしく調べてみると、スマホのパケットだけだと家でも外出先でも
月間7GBまでしか使うことができません。

しかし家にWi-Fiを設置すれば、家の中では無制限に使えて外出先で月間7GB使えます。
自宅にWi-Fiを設置した方が圧倒的に通信量が増えるのです。

スマホの月間の通信量は平均で2~3GBと言われています。

「これしか使わないなら、Wi-Fiはいらないじゃん」と思うかもしれませんが、これは
自宅に固定回線を設置していて、Wi-Fiがあることを前提にしたアンケート結果。

家にWi-Fiを設置すれば、スマホのパケットを月間2GBにしてもどうにかなりますね。
ドコモの場合は月間5GBで5,000円なので2GBにすると、3,500円になります。

1,500円の節約になりますが、固定回線の利用料が5,200円だから通信料金が増えます。
固定回線では通信料金を節約しながら、通信量を増やすことはできません。

通信費を節約しながら通信量を増やす方法はモバイルWIFIルーター

・モバイルWIFIルーターなら月額4,000円代まで
・ほとんど無制限で使えるWIMAXにすると固定回線並みに使える
・スマホのパケットを解約してもインターネットできるからお得

固定回線では通信費を節約しながら、通信量を増やすことができません。
でも、別の方法なら通信費を節約しながら、通信量を増やすことができます。

それは、モバイルWIFIルーターを使うことです!

モバイルWIFIルーターとは通信回線を使わない無線通信機器のこと。
工事不要でスマホから申し込みをすれば、数日で自宅にルーターが届きます。

かんたんな設定をするだけですぐにインターネットできるようになるので、一人暮らしの
人に好評。

私も一人暮らしなので、WIMAXというモバイルWIFIルーターを使っています。

スマホで映画を観るのが好きなので通信量がかなり多い方ですが、通信制限にひっかかる
ことはありません。

他のモバイルWIFIルーターは3日間で3GBまでしか通信できませんが、WIMAXは10GBまで。
大容量なので、とても余裕があります。

しかし、他のモバイルWIFIルーターもそれだけで月間10GBくらいは通信できるので、
スマホのパケットプランを解約しても、インターネットを活用できます。

通信費は高くても月額4,380円。
月額5,000円~6,000円の固定回線に比べると、リーズナブルですね!

無線LANスポットは危険なの?使わない方がいいって本当?

・セキュリティが古いのでかんたんに他人に除かれてしまう
・個人情報を悪用されてしまうのでよくない
・モバイルWIFIルーターがあれば無線LANスポットを使わないで済む

通信費を節約したいときは、無線LANスポットを使えばいいと思う人も多いはず。
でも無線LANスポットはセキュリティが古いから、かんたんに他人に除かれます。

無料で使えるし、登録もかんたんでその場でできるから、利便性は高いけど、
安全性は低いです。

モバイルWIFIルーターなら、最新のセキュリティで安全にインターネットできます。
無線LANスポットを使わなくても外出先でインターネットできるから、便利です。

私も昼休みにカフェでスマホで動画を見ながら、くつろぐことが多いです。

固定回線を使っていたときは、スマホのパケット残量が気になって楽しめなかった
長めの動画も楽しめるようになりました。

今はYOUTUBEを見て学校のレポートを書く学生もいるようなので、学生にもいい
ですよね?

また家で使う場合も、部屋に通信回線が通っていてもいなくても関係ありません。
外出先と同じように電源を入れれば、すぐに使い始めることができます。

これから引っ越しをするときは、住む前に部屋が通信回線が通っているかいないかを
知っておくといいでしょう。

これから住む部屋が回線工事が必要かどうかを知る方法

・「インターネット対応」だと回線工事が必要
・「インターネット完備(導入済み)」だと回線工事が不要
・どちらも書いていないと電線から回線を引く必要がある

これから住む部屋に固定回線が設置してある場合は、無線LANルーターとLANケーブルを
買って設置すればいいだけです。

しかし、通信回線が設置されていないと自分で費用を負担して、回線工事をする必要
があります。

これから住む部屋にインターネットが設置されているかどうかを知る方法はとても
かんたんです。

物件情報の参考欄・インターネットに関する記述を読めばいいだけです。

・「インターネット対応」なら、回線工事が必要
・「インターネット完備か、導入済み」なら、回線工事が不要

「インターネット対応」だと一見、回線工事がいらなそうですが、回線は階段などの
共同のスペースにまでしか来ていません。

部屋にまで届いているわけではないので、工事がいります。
また、インターネットに関する記述がない場合は、通信回線を電線から引きます。

その場合は好きな回線を引きやすいので、関東地方に住んでいるなら光回線の選択肢は
広いです。

関東限定でソフトバンクユーザーにお得な通信回線は?

・他の光回線よりも通信速度が速いNURO光
・ソフトバンクスマホとセットで割引される
・スマホで動画をたくさんみる人に向いている

関東地方で光回線を使ってインターネットしたいなら、NURO光を検討してみてください。
NURO光なら他の光回線よりも速い通信速度で、インターネットできます。

フレッツ光やドコモ光の通信速度が最大1ギガなのに対して、NURO光は2ギガ。

無線LANルーターとモデムがセットになったものを提供してくれるから、自分で
ルーターを用意する必要がありません。

ソフトバンクユーザーはNURO光にすると、料金が割引になります。
動画をよく見る人に向いている光回線です。

また、自分でルーターを買う場合はワンルームで使うなら3,000円代までの安いものを
選びましょう。

1万円代の高機能なルーターは、2階建ての家などで使うのにちょうどいいものです。
ワンルームにはオーバースペックなので、選ばないでくださいね。

安いルーターで自宅にWi-Fiを飛ばしたい。どんな商品がある?

・値段を抑えたいなら「TP-LINK 11n/g/b無線LANルーター」
・通信速度がある程度欲しいなら「BUFFALO 11n/g/b」
・自分のこだわりポイントにあったものを選ぶ

自宅でWi-Fiを飛ばすには無線LANルーターが必須。

通信会社が用意してくれるなら選ばないで済みますが用意してもらえない場合は、
自分で買うことになります。

「インターネットに詳しくないし、ルーターなんて何を選べばいいの?」と困って
しまうと思うので、ここでは一人暮らしに適しているルーターを紹介します。

まず、費用をとことん抑えたいなら「TP-LINK」がいいでしょう。

○TP-LINK 11n/g/b 無線LANルーター

・ワンルームで使うには十分な通信速度
・値段2,020円
・3LDK、2階建てにも対応している
・アンテナが2本あって、セキュリティも万全
・「かんたんに接続できる」と口コミで好評

○「BUFFALO 11n/g/b」

・値段3,283円
・ギガ回線にも対応している
・設定がスマホからできる
・一人暮らし、ワンルーム向き
・初心者でも設定できる
・「簡単に使えて安定していると」という口コミが多い

TP-LINKはアンテナがあって電波を拾いやすくなっています。
しかし、BUFFALOはアンテナがない分、すっきりとした見た目です。

ワンルームであれば電波を遠くに飛ばせなくても問題ないので、どちらのルーター
でもいいですね。

ただ、家の中に置くのでデザインも重視したい人もいます。
自分のこだわりポイントをチェックして、ルーターは選びましょう。

モバイルWIFIルーターは本体代がいくら?買うところによって違う

・サイトで買えば本体代は0円
・家電量販店だと1~2万
・無線LANルーターよりも安いので契約しやすい

固定回線を設置すると無線LANルーターを買うことになります。
本体代3,000円代は高くはないですが、もっとお得な方がいいですよね?

そこで、モバイルWIFIルーターの本体代がどれくらいなのか調べてみました。
すると、プロバイダの公式サイトで契約すると本体代が0円であることがわかり
ました。

WIMAXヤフーWIFI、ワイモバイルなどのモバイルWIFIルーターをメインで扱っている
ところは本体代が0円。

家電量販店ではキャンペーンで1円になっているか、2万円前後になっています。
無線LANルーターよりもお得なので、初期費用はモバイルWIFIルーターの方がお得。

私もWIMAXを契約したとき本体代は0円でした。
しかも高額キャッシュバックで3万円返って来たので、そのお金でタブレットを購入。

自宅にWi-Fiを設置するのはお金がかかって大変というイメージがありましたが、
実際には安いし、サイトから申し込みからとてもかんたん。

インターネットの知識がなかったころの私でも、できました。
「契約は苦手だから」と後回しにしないで、ぜひ申し込みをしてみてください!

モバイルWIFIルーターで使いやすいのは?通信量がふつうの場合

・通信量がふつうなら3日間で3GBまで使えるヤフーWIFIがいい
・月額2,000円代でとても手ごろ
・WIMAXは3日間で10GB使えるけど月額4,380円

モバイルWIFIルーターは光回線よりも会社によって、違いが大きいです。

あなたの普段の通信量と通信費として払える費用をある程度知っておかないと、
契約した後で支払いが苦しくなったり、無駄になったりします。

例えば、ふだんからインターネットをする時間が短めで動画も1日15分以内という
場合は3日間で3GB使えれば十分。

月額2,000円前後のヤフーWIFIがいいでしょう。
WIMAXの場合は3日間で10GBも使えるので、通信量が多い人には向いています。

しかし月額4,380円するので、月額5,200円の固定回線とあまり変わりません。

一人暮らしをこれから始めるときはお金がかかるので、まずはヤフーWIFIで様子を
みましょう。

ヤフーWIFIの最低利用期間が長くても大丈夫な理由

・引っ越しのとき工事も手続きもいらない
・通信エリアはソフトバンクだから全国的に対応している
・LTEだから都市部でも地方でも繋がりやすい

ヤフーWIFIは、月額利用料が安い代わりに最低利用期間が3年もあります。
これじゃ、契約期間中に解約することになる確率が高い気がしますよね?

でも、モバイルWIFIルーターは引っ越しのときに工事も手続きも必要ありません。
そして、通信エリアはソフトバンクだから全国的につながります。

また、電波はスマホと同じLTEだから都市部でも地方でも繋がりやすいです。
入り組んだ室内でも電波が曲がりくねって、あなたのルーターまで届きます。

もちろん、屋外でも通信はスムーズなので最低利用期間が長くても快適にインターネット
することができますよ!

一人暮らしで初めてインターネット契約するのに、ヤフーWIFIはぴったりなのでぜひ検討
してみてくださいね。初期費用は3,000円とお手頃です。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人はWIMAXにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 


速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。


 

 >>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 



 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。

 


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
月額2000円台で使えるのは本当にありがたいです。

 

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

 

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

 

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。

 








自宅にWiFiを設置するには何が必要?基本を教えて! はコメントを受け付けていません。 wifi