初心者が自宅にインターネットをつなぐ方法は?

自宅にインターネットをつなぎたいけど知識がない

・インターネットのことを少し調べてから契約をしよう
・インターネットはスマホと同じように契約するので解約金などが発生する
・適当に契約すると、無駄な通信量を支払うことになる

自宅にインターネットをつなぎたいと思っていても、なかなか実行に移せない人は多い
ものです。

私の友達も引っ越してから半年たっているけど「今だにインターネットがよくわからないから
繋いでない」と言っています。

私自身も一人暮らしを始めたときはインターネットどころの騒ぎではなかったので、
ついつい後回しにしてしまって、引っ越してからかなり経ってから契約をしました。

インターネット契約といっても、知識のない人にとっては敷居が高いですよね?
そこで、かんたんにインターネットをつなぐ方法を紹介していきます。

インターネットをかんたんにつなぐ方法は、モバイルWIFIルーターです。
インターネット上で契約をして自宅に届くルーターの初期設定をすれば、すぐにつながります。

通信回線の工事も必要ないし、面倒な手続きもいりません。
書類を用意する必要もないから、誰でもかんたんに契約できますよ!

基礎知識を整理しよう。回線の書類まとめ

・電話回線、光回線、CATV回線、モバイル回線などの種類がある
・電話回線は通信速度が遅く、光回線は早い、モバイル回線は光回線より速さ
・一人暮らしの人で固定回線を引く必要性はあまりない

インターネット回線には、電話回線、光回線、CATV回線、モバイル回線などの種類があり
ます。

どの回線でも契約は必要で、モバイル回線以外の回線は工事が必要です。
電話回線はこの中で一番通信速度が遅くて、動画をよく見る人には不向き。

一方、光回線やCATV回線は通信速度が速いのが特徴です。
CATV回線は会社によって違いますが、最近は光回線とコラボしているところもあります。

電話回線、光回線、CATV回線の3つは、外から回線を引いてきて、モデムからケーブルで
無線LANに繋がります。

そして、無線LANからWIFIを飛ばしてスマホやパソコンとつながります。

モバイル回線は、これら3つの回線とはまったく違います。
外からWIFIをキャッチして、スマホやパソコンにWIFIを飛ばします。

つまり、最初から最後まで無線で繋がっているのです!
だから家でも外出先でもインターネットできます。

場所によって不安定というデメリットはありますが、家に人がいないことが多い一人
暮らしには、モバイルWIFIルーターの方が向いていますよ。

回線によって料金は違う?それぞれの相場をチェック

・光回線は月額5,100円前後が相場
・CATVはテレビなども含めると1万円前後
・モバイル回線は月額3,000円代~4,000円代が相場

電話回線は今主流じゃない通信方法なので、省きます。
光回線は月額5,100円くらいが相場です。

CATVは会社によりますがインターネットだけではなくテレビサービス、電話にも
加入するのが一般的。

月額1万円前後かかってしまいます。
そして、モバイルWIFIルーターは月額3,000円代~4,000円代が相場です。

工事も必要ないし、月額利用料も安いから、インターネット初心者に向いています。

私は実家がCATV回線だったので、一人暮らしをはじめてすぐに固定回線を契約しました。
モバイル回線があるなんて知らなかったので、ろくに調べもしないで選んでしまったのです。

しかし、いざ契約してみると通信回線の設置工事が必要だったり、契約に書類が必要
だったりして、とても大変でした。

引っ越しのときに電気やガスの手続きをして、もう引っ越しの手続き関連のことは終わった
と思っていたので、余計面倒に感じました。

インターネット初心者にとって、面倒な手続きがないというのはかなりのメリットです。

プロバイダでなに?どうやって選ぶの?

・インターネットと通信回線をつなぐ会社のこと
・大きな違いはないのでキャンペーン内容で選んでOK
・モバイル回線はプロバイダのサイトから契約する

インターネットのことを調べていると、「プロバイダ」という言葉が出てきます。
プロバイダとは、インターネットと通信回線をつなぐ会社のこと。

モバイル回線は通信回線がないというイメージがあるかもしれませんが、無線には無線
回線があるので、プロバイダが必要です。

固定回線の場合は、通信回線の会社のサイトから申し込んでプロバイダを選びます。
モバイル回線の場合は、プロバイダのサイトから申し込みます。

どちらの場合でも、プロバイダには会社によってあまり違いがありません。
キャンペーン内容で選んで大丈夫です。

例えば、私が使っているWIMAXというモバイル回線だと、10社以上のプロバイダがあります。
月額利用料やオプションなどは変わらないのですが、キャンペーン内容がかなり違うのです。

例えば、GMOとくとくBBというプロバイダのWIMAXでは3万円近いキャッシュバックがあり
ます。

しかし、UQ WIMAXというプロバイダではキャッシュバックがありません。
そのかわりに手厚いサービスを受けることができます。

月額利用料や端末代などのメインではない部分が、プロバイダによって違うのです。

契約したいモバイル回線の会社が決まったら、いくつかのプロバイダを比較して
みましょう。

光回線だと工事が無料って本当?どうしてタダになるの?

・もともと3万円くらいする工事費が無料のキャンペーンを開催している会社が多い
・工事は電線から自宅に回線をひきこむかんたんなもの
・15分~30分くらいで済むからタダになる

光回線はモバイル回線と違って、通信回線の設置工事がいります。
工事というと大掛かりな感じがしますが、実はとてもかんたんです。

自宅の近くの電線から通信回線を引き込むだけなのです。

家に引き込むときは壁に穴をあけずに、エアコンのダクトや電話の配管などのすでに
空いている穴から引き込みます。

15分~30分くらいで終わるので、キャンペーンで無料にできるのです。
私も最初固定回線を家に設置したとき、どれくらい時間がかかるのかわからず不安でした。

でも20分くらいですぐに終わってしまったので、ほっとしました。
ルーターの初期設定もしてもらえたので、機械が苦手な私でも問題なかったですよ!

固定回線を引いて無線LANを1台設置すれば、家中どこででもインターネットできます。

これはモバイル回線も同じで1台で家中でインターネットできるし、同時に10台くらい
通信することができます。

光回線でおすすめな会社は?ランキングで紹介

・キャッシュバックで選ぶならau光
・ドコモは無線LANが無料になる
・ソフトバンクはキャッシュバックと条件付きで無線LAN無料

光回線の会社には、いろいろなものがあります。
ここからは、おすすめの会社をランキングで紹介していきます。

・au光

現金50,000円キャッシュバックがあり、工事費無料になります。
auユーザーだとパケットパックが月間5GBの場合は月額1,410円で、無線LANが無料。

・ソフトバンク光

現金2万円キャッシュバックがあり、無線LANもプレゼントしてもらえます。
工事費無料で、ソフトバンクユーザーは月間5GBプランなら月額1,522円引き。

・ドコモ光

無線LANが無料で、10,000パケットパックがただになります。
工事費が無料で月間50GBのプランなら月額2.500円が割引になります。

光回線はインターネットで申し込み→工事→設定という流れで、使えるようになります。

この流れが面倒で嫌という場合は、モバイル回線にしましょう。
モバイル回線にすれば、工事がいらないのでインターネットから申し込み→設定だけで終了。

光回線をつなぐのに必要なのはものは?ルーターなどを紹介

・無線LANルーターとインターネット回線があればつながる
・どちらも通信会社に用意してもらえるので自分でそろえる必要はない
・ルーターの設定の仕方はかんたん

光回線でインターネットにつながる場合は、無線LANルーターとインターネット回線が
あればつながります。

つまり必要な機器は無線LANルーターだけなのですが、無線LANルーターは通信会社の
人が用意してくれます。

ですので、自分でそろえなければならない機器はありません。
契約に必要な書類と費用をそろえて、工事の日を待ちましょう。

また契約してから工事をするまでの間にキャンセルすれば、キャンセル料が発生しません。

もし、光回線にしようと思ったけど、やっぱりモバイル回線がいいという場合は、
工事前にキャンセルをしてください。

また、無線LANルーターの設定はとても簡単なので、業者の人にしてもらえなくても大丈夫。
パソコンで数分で済むので、自分でできますよ。

私は固定回線の工事が意外と早く終わるのがうれしかったのですが、引っ越しのたびに
撤去工事と引っ越し先での設置工事をしなければならないのが面倒でしょうがなかったです。

「もっと手軽な通信回線がいいな」と思っていときに、たまたまモバイルWIFIルーターを
発見して、契約しました。

工事がいらないので、契約にかかる手間がほとんどなく通販感覚で出来ましたよ。
インターネット初心者はモバイルWIFIルーターがいいでしょう。

タブレットを買いたいけどインターネットへのつなぎ方は?通信料金は?

・タブレットは固定回線やモバイル回線のWIFIでインターネットにつながる
・初期設定はかんたんで知識は必要ない
・通信料金は回線に含まれている

タブレットを買って家や外出先でインターネットを楽しみたい場合は、固定回線や
モバイル回線のWIFIでインターネットにつながることができます。

ですので、かんたんな初期設定だけで使えるようになります。
インターネットやタブレットに関する特別な知識は、必要ありません。

また通信料金は回線の通信量として支払います。

別途でかかることがないので、ご安心ください。
タブレットを使いたい場合は、タブレットの購入費しかかかりません。

通販サイトや家電量販店で安いものを探せば、1万円以下で購入できますよ!

また、モバイルWIFIルーターのプロバイダの中には、キャンペーンでタブレットを
もらえるものもあります。

自分の好きなタブレットを選ぶことが出来ないというデメリットがあります。

「どんなタブレットを選んでいいかわからない」「タブレットならなんでもいい」
という人には手間がかからないので、ちょうどいいですね。

WPSがあればスマホを固定回線に接続するのはかんたん

・固定回線を契約したらスマホを設定する必要がある
・無線LANルーターに設定が楽な「WPSボタン」があればかんたんに終わる
・契約すると最新ルーターをレンタルできるからWPSはある

固定回線を契約したら、今後はスマホを設定する必要があります。
スマホを設定するには、無線LANルーターにWPSボタンがあればかんたんです。

WPSとは自動で設定してくれる機能のこと。
面倒な設定が出来ない人でも、問題なく設定できます。

WPSを使った固定回線のWIFI設定の仕方は…

・1 スマホの「設定」メニューから「WIFI」をオンにする
・2 「WPS」をオンにする
・3 無線LANルーターのWPSボタンを長押しする
・4 「接続されました」と表示されれば完了

このようなWPSボタンがない場合は、自分でパスワードを入力する必要があります。

・1 無線LANルーターに書かれている「SSID」と「パスワード」をメモする
・2 スマホで「設定」→「WIFI」をオン→「無線電波一覧」を表示
・3 「無線電波一覧」からSSIDを探す
・4 パスワードを入力して「接続」
・5 「接続されました」と表示されたら完了

今光回線と契約をすれば、最新機種をレンタルできます。
ですので、WPSボタンがついているのがほとんどです。

パスワードを入力する必要がないのですが、もしWPSボタンがなかったときのことを
考えて、ふつうの設定方法も覚えておきましょう。

固定回線の無線LANを使うときに気を付けた方がいいポイント

・2年に1回はルーターを買い替えると通信速度が速く保てる
・古いルーターは古い通信規格しか使えないのでどんどん遅くなる
・ルーター自体も省エネになっているので、定期的な買い替えを!

固定回線は一度契約してしまうと引っ越しがない限り、見直すことがありません。

無線LANルーターは契約したときにレンタルしたものをそのまま使っている家庭が
ほとんどではないでしょうか?

私の実家も固定回線に4年ほど前契約しました。

そのときに「2年間使い続ければレンタルしている無線LANルーターを差し上げます」と
言われ、そのまま4年も使っていました。

最近、無線LANルーターがうるさいということになり、通販で最新のルーターに買い替える
ことになりました。

すると、料金プランを買えたわけじゃないのに通信速度が速くなったのです。
気になっていた無線LANルーターの騒音もなくなって快適になりました。

固定回線は一度契約すると、なかなか乗り換えません。

無線LANルーターも何年も使い続けることになってしまうのですが、2年に1回は買い
替えた方がいいでしょう。

通信規格はどんどん新しくなるので、最新の通信規格で通信できる無線LANルーターと
スマホやパソコンという組み合わせじゃないと、高速通信ができないからです。

無線LANルーターは通信速度に直接かかわっているものなので、定期的な買い替えを
してください。

固定回線の初期設定が苦手だったり、買い替えが面倒な場合は?

・モバイルWIFIルーターは初期設定が簡単
・買い替える時もインターネットで申し込める
・2年に一度買い替えやすい

固定回線は無線LANの初期設定があったり、買い替えるときにケーブルを挿したりと
手間がかかります。

しかし、モバイルWIFIルーターは初期設定も簡単だし、買い替えのときもインターネットで
別のプロバイダと契約してルーターが届くのを待つだけ。

前のプロバイダを解約するのに書類のやり取りは必要となりますが、機械音痴の人には、
こちらの方が向いているでしょう。

私もモバイルWIFIルーターを使っていますが、乗り換えが楽なので助かっています。
乗り換えが面倒だと、ついつい「また今度でいいか」と先延ばししてしまいますよね?

そうなると、どんどん通信規格が遅れていって通信の質がよくなりません。
乗り換えのしやすさは大切です。

モバイルWIFIルーターは申し込みからどれくらいで届くの?

・モバイルWIFIルーターは申し込みから数日でルーターが届く
・固定回線は申し込みから2週間で工事が行われる
・急いでいるときはモバイルWIFIルーターがいい

モバイルWIFIルーターは、固定回線と違い工事がいりません。
ですので、固定回線よりも速く使えるようになります。

私がモバイルWIFIルーターを実際に契約したときは申し込みから3日後に、自宅に
ルーターが届きました。思ったよりも速かったので、驚きました。

しかし、固定回線の場合は申し込みから2週間くらいしないと工事が行われません。
工事後すぐにインターネットが使えるようになりますが、時間がかかりますね。

インターネット開通を急いでいるときは、モバイルWIFIルーターがいいでしょう。

これから一人暮らしを始める人は、なれない手続きでとても大変だと思います。
1日でも早く開通した方がいいので、モバイルWIFIルーターが向いています。

引っ越しのときも手続きなしで引っ越し先でも使えるので、とても便利ですよ!



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人はWIMAXにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 


速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。


 

 >>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 



 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。

 


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
月額2000円台で使えるのは本当にありがたいです。

 

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

 

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

 

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。

 








初心者が自宅にインターネットをつなぐ方法は? はコメントを受け付けていません。 wifi