フレッツ光の工事代金は?mast-bbが終了したらどうなるのか

Q.pngMAST-BBの変更について、教えて下さい。

現在、MAST-BBを使っています。
これは、ものすごく料金が安い、というものではありません。
でも、初期費用は、押さえられています。
とりたてて不満もありません。
それで、結果として、今まで6年間、使っていたのです。

ところが、27年3月31日で、サービス終了との通知が来ました。
それに代わって、NTTのフレッツ光へ変更してほしい、とのことです。

MAST-BBのHPには、次が書いてあります。
「対応物件には、光インターネット回線が共用部まで接続されています。
ですから、すぐにご利用いただくことができます。」

それで質問です。
つまり、NTTのフレッツ光の回線を使っているわけですね?
ですから、フレッツ光へ更新出来る、ということですね?
そのとき、フレッツ光の初期工事費用24000円が発生するのでしょうか?

契約の更新なら分かります。
でも、新規契約というのは、おかしいのではないでしょうか?

この辺りがお分かりの方。
どうか、回答をお願いします。

■突然のMAST-BBの終了、どうする?

積和不動産がてがけるMASTの賃貸の中にはMAST-BBというサービスがあります。
MAST-BBは申込みをするだけですぐにお部屋でインターネットが使えます。

NTTやプロバイダーと契約する必要がないため、初期費用や解約料などが不要で、
一人暮らしにうってつけのサービスです。
マンション内の住人で設備を共用するため、料金もお得です。

また、LANケーブルでパソコンを繋ぐだけでインターネットが使用できるため、
パソコンやインターネットに詳しくない方でも安心してご利用できるでしょう。

そんな便利なMAST-BBですが、一部の物件で2015年3月31日をもって
サービスを終了することになりました。

これからMASTの賃貸にお住まいになられる方にとっても残念だと思いますが、
現在MAST-BBをお使いの方はどうするればいいの?とご不安でしょう。

MAST-BBからフレッツ光に切り替えた場合の費用のことなどについてみていきます。

■フレッツ光にした場合の工事費用は?

フレッツ光と新規契約をすると初期工事費用がかかる可能性があります。
しかし、今までMAST-BBが提供されていたマンション・アパートでは既に各部屋に
インターネットの回線が引かれていますね。

また、AST-BBは積和不動産とNTTが契約して提供していたサービスですから、
今ある回線は当然NTTのフレッツ光に対応しています。
そのため、大きな工事は必要ないと考えて良いでしょう。

初期工事料金は通常満額で24000円となのですが、今回のように既に各部屋に
回線が引かれている場合でも工事代金が24000円となるのは、
Bフレッツから光ネクストへ変更するなどタイプを変更する場合です。

これを機に高速のフレッツ光ネクストに切り替えようとしている方は要注意です。

また、上記以外でもNTTの局内での変更作業が必要な場合は、9600円必要です。
(基本工事費用4500円+交換機等の設備工事費用5100円)

何も工事が必要ない場合は初期工事費用は必要ありません。

実際にいくらかかるかはNTTの人に調べてもらう必要があると思いますが、
MAST-BBのホームページには回線速度は最大1Gbpsと書かれていますので、
フレッツ光ネクストでNTTと契約しても24000円はかからなさそうです。

ただし、100Mbpsで提供中の物件もあるようなのでお気を付け下さい。

■フレッツ光に変えると何が変わる?

初期工事費用がかかるかもしれないという以外にフレッツ光にすると何が変わるのでしょうか?

・プロバイダーに加入することになる

インターネット回線を引く場合、NTTとプロバイダーの両方に加入する必要があります。
当然そのどちらにも料金を支払うことになります。

今までのMAST-BBはプロバイダー料金も全部含まれていて、プロバイダーには
個人で加入されていなかったと思います。

しかし、フレッツ光に切り替える場合、プロバイダーへの加入は必須となりますので、
ご自分でプロバイダーを選び加入しなければなりません。

・月額料金が変わる

先ほど述べたようにMAST-BBはプロバイダー料金も込みの料金となっていましたが、
これからはNTTとプロバイダーに別々に支払うことになります。
(一括請求にすることもできます。)

また、フレッツ光には光もっと割などがあり、加入年数によって割引額がかわり、
月額料金が一定ではなくなります。

・契約料、解約料がかかる

NTTの新規契約料金が必要となります。
また、契約年数の途中で解約すると解約料がかかります。

・キャッシュバックがある

プロバイダー選びは契約者に任されており、NTTから指定されることはありません。
顧客獲得のために各プロバイダーは多額のキャッシュバックを行っていたり、
プロバイダー料金を何ヶ月無料にしたりなど特典はさまざまです。

プロバイダーがたくさんあって迷った場合は、キャッシュバックの多さで
選んでもみるのもいいかもしれません。

■二重請求を防ぐために

サービスの提供終了後でもMAST-BBの料金の引き落としが続き、
新たに契約したNTTの料金と二重請求・・・となってしまうことも。

忘れずにMAST-BBの解約の手続きを行うようにしてください。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人はWIMAXにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 


速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。


 

 >>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。

 


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
月額2000円台で使えるのは本当にありがたいです。

 

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

 

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

 

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。

 








フレッツ光の工事代金は?mast-bbが終了したらどうなるのか はコメントを受け付けていません。 フレッツ光