ポケットwifiの実行速度はドコモとWiMAXでどれくらい違うの?総務省が出したガイドラインはどんな関係が?

1-1 近年需要を増すポケットwifi

インターネットにつながる端末を複数所持している人が増える一方で、外出先でのインタ
ーネット接続需要も年々高まっています。

そんな人たちに重宝されているのが「ポケットwifi」という手のひらサイズのデバイスで
す。

この手のひらサイズのコンパクトなボディですが、携帯電話回線の電波をwifiに変換し、
パソコンやタブレット端末などLTE通信に対応していない機器であっても外出先でインタ
ーネットに接続することが可能になります。

そんな便利なポケットwifiですが、現在様々な会社から販売しています。

代表的なところでドコモ、auと言った大手携帯電話キャリアや、WiMAXと言った後発の会
社、さらに近年知名度が急速に高まってきている格安SIMと言った各社がしのぎを削って
ポケットwifiサービスを提供しています。

各社ともに様々な特徴がありますが、ここではドコモとWiMAXに絞ってご紹介していきま
す。

1-2 ドコモの特徴はどんな感じ?

まずドコモですが、これはみなさんもご存知の通り日本で一番大きな携帯電話キャリアと
なっていて、古くからサービスを提供してきた関係上、通信可能エリアが非常に広く、人
口カバー率は99.9%を誇っています。

人口カバー率というのは日本の人口に対して何人の人がドコモのエリア内に住んでいるか
という指標なので、単純計算で日本人の99.9%はドコモのサービスエリア内に住んでいる
ということになります。

実際、他のキャリアは県外でもドコモだけ通信できるというエリアは山間部を中心にまだ
まだ存在しますので、地方の山間部にお住まいもしくはよく行かれるといった方には非常
にオススメのキャリアです。

ドコモのデメリットとしては料金の高さが真っ先に挙げられます。

LTEが本格的に普及してから通信キャリアでは通信制限というものを設けています。
これは、1ヶ月の通信量があらかじめ定められた量を超えたときの通信速度を大幅に落と
すことで回線の混雑を防ぐという制限です。

制限がかかる通信量は各キャリアによって違い、またプランによっても違いますが、概ね
1GB~10GBの範囲で決められています。

しかし、auやソフトバンクが最低1GBからのプランを用意しているのに対し、ドコモでは
最低でも1ヶ月3GBのプランからしか用意されていないため、どうしても料金が割高のプラ
ンしか選べないという結果になってしまいます。

また、3GBプランも月額6500円と非常に割高で、あまり有効な割引キャンペーンもありま
せん。
逆にドコモでお得になることがあるとしたら、「家族内でパケットをシェア」が可能な「
パケットシェアリング」があります。

これは文字どおり家族内で使える通信量を共有することで、家族の通信料金をひとまとめ
にできるというものです。

1-3 WiMAXの特徴は?

次にもう一方のWiMAXについてご説明していきます。
WiMAXは2008年に始まった比較的新しいサービスで、現在はWiMAX2+というより新しく進化
した回線に切り替わっています。

このサービスの利点と言ったら何と言っても通信速度の速さです。

新規格のWiMAX2+の最大通信速度は下220Mbpsという速さに達し、これは光回線の1Gbpsの4
分の1というかなり早い速度となっています。

このような高速通信が可能なため、固定回線を解約して外で使う回線とうちで使う回線を
WiMAX2+に一本化して通信料を節約するということも可能になりますし、実際そのような
目的で使用している人もかなりいます。

また、WiMAXのもう一つの利点として料金の安さが挙げられます。
先ほどのドコモの場合、最低でも月額6500円がかかってしまいますが、WiMAXですと会社
によっても違いますが概ね4000円前後の月額で利用できます。

しかも月額が安いだけにとどまらず、1ヶ月あたりの通信制限も存在しないのでドコモに
比べて相対的に非常に安く利用することが可能というわけです。

メリット尽くしに見えるWiMAXですが、デメリットも存在します。
まず大きなデメリットがエリアの狭さです。

WiMAXは後発の通信キャリアなので、電波の整備が他社と比べて遅いのは当たり前の話で
すが、それに加えて電波の性質という問題もあります。

WiMAXが使っている電波は「曲がりにくく回り込みにくい」という特徴を持っているため
、ビルの影や屋内といった「何かの影になるところ」では通信状況が著しく悪くなってし
まうという問題を抱えています。

2-1 ドコモ vs WiMAX 料金編

ここからはドコモとWiMAXの具体的な比較をしていきます。

まずドコモでポケットwifiを契約するといった場合ですが、現在ドコモのプランは1ヶ月
に通信可能な通信量ごとにプランが分かれていて、最小で3GBから用意されています。

3GBで契約する場合、最低でも月額6500円かかってしまいますが、前述のシェアパックを
契約すると「家族全体での料金」プラス1900円でポケットwifiを使うことが可能です。

しかし、いくらシェアパックを使って料金を圧縮すると言ってもそもそものシェアパック
自体が非常に高額なものですし、そもそも家族がドコモを使っていない、もしくはあまり
通信をしないという場合はほとんど旨味がありません。

一方WiMAXにはドコモのようにシェアパックはないものの、そもそもの料金が非常に安く
なっています。

WiMAXは様々な業者がサービスを提供しているため、月額料金は業者によってまちまちで
すが概ね3500円~4000円ほどの範囲に収まっています。
そのため、料金面だけで見るとドコモよりもWiMAXの方が圧倒的にお得と言えるでしょう

2-2 ドコモ vs WiMAX 通信エリア編

次に通信エリアの広さでこの2社を比較してみます。
先ほどでも説明した通り結論から申し上げますと、この勝負は圧倒的にドコモが勝ちです

そもそもドコモの全身は国策会社である電電公社で、日本における携帯電話の通信網を最
初に整備したのもドコモでした。

その蓄積があるおかげで現在ドコモは通信エリアの広さでは他の追随を許さないほどの水
準になっていて、全人口に対する「通信エリア内に住んでいる人」の割合である人口カバ
ー率はなんと驚愕の99.9%となっています。

そのため、市街地はもちろん地方の山間部や海上でも通信可能なエリアが非常に広く、ど
んな環境でも安心して通信をすることができます。

それに対してWiMAXの通信エリアは非常に狭くなっています。

WiMAXという仕組みは、ドコモよりも圧倒的に後発の規格になっているため、必然的に通
信網の整備が遅れて通信エリアが狭くなっています。
また、このようなモバイル回線の整備は基本的に都市部から優先されえ行われるため、地
方では非常に電波状況が悪いです。

それだけではなく、WiMAXの電波自体の性質としてビルの影や地下街、地下鉄のような「
何かの影になるところ」に非常に電波が届きにくく、圏外になることが多いという問題も
あります。

このように、WiMAXの弱点は通信可能エリアの狭さです。

2-3 デメリットも実はカバー可能

しかし、この問題には実は解決策が存在します。

WiMAXを提供している会社の中にUQというところが存在しますが、実はこの会社ではWiMAX
の料金に1000円程プラスするだけでauのLTE網を使うことができます。
auはドコモに次ぐ通信キャリアで、通信可能エリアもドコモに比べれば狭いですが、WiMA
Xに比べれば圧倒的に広い範囲で通信をすることが可能です。

また、WiMAXとauのLTEの電波の切り替えは完全に自動で行われるため、自分では全く設定
をしなくても自然な使い勝手で使うことができます。

先ほども申し上げた通り、WiMAXの通信可能エリアが狭いという弱点はあるものの、それ
すらもカバーすることが可能となっています。

またそれだけではなく、WiMAXには1ヶ月毎の通信制限が存在しないという点がメリットと
して挙げられます。

ドコモなどの大手通信キャリアでは、あらかじめ決められた量以上のデータ通信を行った
場合、当該月末までの通信速度を大幅に制限するという措置が取られています。
しかしWiMAXのギガ放題というプランでは、1ヶ月毎の通信制限がなくあるのは「3日間で3
GB以上の通信を行ったユーザー」に対する通信制限のみです。

ドコモなどとは違い、通信制限が発動したとしてもYoutubeなどの動画サイトの標準画質
程度なら問題なく見られるくらいの速度で引き続き通信が可能ですし、数日ですぐに制限
は解除されます。

この制度があるため、WiMAXは通信エリアなどのデメリットがあるにもかかわらず人気と
なっています。

3-1 実質0円はなぜ寂れた?

突然ですが、皆さんは「実質0円」などの宣伝文句を聞いたことがあるでしょうか?

これはどのような意味かと言いますと、機種変や通信キャリア乗り換えなどで新たにスマ
ートフォンを購入するときに、機種代金をその場で払わなくてもスマートフォンが購入で
きるというシステムです。

その場で料金を払わなくてもスマートフォンが入手できますが、本当に0円で入手できる
というわけではなく後から月額料金に機種代金が分割されたのが上乗せされていて、月々
返済していくといった仕組みになっていました。

しかし、総務省が2015年に出したガイドラインで突然実質0円キャンペーンは控えるよう
に通達されてしまいました。

3-2 MNPをめぐる熾烈な競争

顧客からの満足度も非常に高かった実質0円キャンペーン。
このサービスはなぜ突然自粛の方向に急に進んでしまったのでしょうか?

実はその背景には「既存ユーザーと新規ユーザーの扱いの不平等感」がありました。
現在日本ではナンバーポータビリティ制度、通称MNPと言って、通信キャリアを乗り換え
ても電話番号を変わらず引き続き使い続けられるという仕組みがあります。

電話番号が変わらないことから、通信キャリア乗り換えに対する心理的障壁が低くなって
各社ではユーザーの流失をいかに抑えるかが課題となりました。

一方逆の視点でいえば各通信キャリアは新規ユーザーを獲得するチャンスでもあるので、
このMNPを使って乗り換えてきた顧客には非常に有利になるようなキャンペーンが盛んに
行われました。
先ほどの実質0円もその一環として行われたものです。

3-3 行き過ぎた優遇措置

しかし、その制度には歪みが生じていました。

各通信キャリアがMNPで乗り換えてきた顧客に対して行った実質0円キャンペーンでしたが
、あまりにもMNPに対する優遇措置が行きすぎたせいで既存ユーザーへとの不平等感がど
んどん広がっていってしまったのです。

実質0円キャンペーンが浸透しきた頃、MNPで乗り換えてきた顧客に対して高額のキャッシ
ュバックキャンペーンを行うなど次第に優遇キャンペーンはエスカレートしていき、つい
にはキャッシュバック目当てで通信キャリアを渡り歩いて利益を得る通称「MNP乞食」と
呼ばれる人まで出現してしまう始末でした。

2015年に安倍晋三総理の鶴の一声で携帯電話料金値下げの動きが強まったときに、この行
きすぎた優遇措置が問題視されてついに先ほどの総務省の通達が出されたことになります

SIMフリーが普及し、使いたい端末を使いたい通信キャリアで使えるようになった現在で
は、各通信キャリアの顧客獲得競争は新たな局面に差し掛かっています。

4-1 GMOとくとくBBでお得にポケットwifiを手に入れよう

さて、2015年の総務省通達で実質0円キャンペーンは大幅な衰退を余儀なくされたのです
が、実はWiMAXには実質0円をまだ行っている業者が存在します。

その会社は「GMOとくとくBB」という業者で、WX02というポケットwifiの購入代金が0円に
なるキャンペーンを継続的に行っています。

WiMAXは複数の業者が提供していて、すべての業者が同じWiMAX電波を使ってサービスを提
供しているという構造上、競争が非常に熾烈なので未だにこのようなキャンペーンが行わ
れているのです。

端末代金を後で払うことになるとはいえ、初期投資を抑えられるというのは実質0円キャ
ンペーンの大きな魅力ですよね。
しかしGMOとくとくBBでは、実質0円に収まらないほどのさらにお得なキャンペーンが用意
されているのです。

4-2 高額キャッシュバックでお得に使おう

そのお得なキャンペーンというのは「キャッシュバックキャンペーン」というものです。

これはどのようなものかと簡単に説明しますと、2年間の継続契約をすると一定の金額が
業者からもらえ、それを通信費に当てることで実質的に料金を抑えることが可能になると
いうサービスとなっています。

もらえる金額は業者によって違うのですが、このGMOとくとくBBではなんと29800円もの金
額が現金でキャッシュバックされます。

2年間使い続けると仮定すると、1ヶ月あたり2400円もの割引が受けられるという計算にな
ります。
GMOとくとくBBの「ギガ放題」という「1ヶ月の通信制限がない」使い放題プランの料金が
3600円なので、なんと月額実質1200円でWiMAXを使うことができるという計算になります

さらに、通常ですと結局後から支払うことになる端末の料金ですらも無料になるキャンペ
ーンが行われています。
この割引も合わせると恐ろしいほどお得にWiMAXを使うことができるということがお分か
りいただけたと思います。

ただし、一つだけ注意点がありそれは「2年以内に解約してしまうと1万円ほどの高額な違
約金が発生してしまう」ということです。
そのためGMOとくとくBBを契約するときはじっくりと考えてから契約することをオススメ
します。

4-3 まとめ

いかがだったでしょうか?

WiMAXには通信エリアなどの問題があるのは確かですが、それをカバーする手段があった
り、料金を大幅に安くする方法があったりなど様々なメリットが存在することがお分かり
いただけたと思います。

WiMAXサービスを提供している各社では、継続的にお得なキャンペーンを実施しているの
でぜひWiMAXを契約することをご検討してみてはいかがでしょうか?



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人はWIMAXにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 


速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。


 

 >>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 



 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。

 


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
月額2000円台で使えるのは本当にありがたいです。

 

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

 

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

 

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。

 








ポケットwifiの実行速度はドコモとWiMAXでどれくらい違うの?総務省が出したガイドラインはどんな関係が? はコメントを受け付けていません。 ドコモのポケットWIFI