審査はブラックでも通る?Yahoo!wifiの審査方法は?

モバイルルーターの審査

ブラックでも通ると噂のYahoo!wifiの審査

Yahoowifiの審査

ポケットwifiを口座振替で契約をしようとすると、必ず審査をすること
になります。しかし、この審査がとても甘いと噂なのです。

  • ソフトバンクなどで契約の打ち切りがあっても審査は通る
  • 口座確認の電話もないので、審査自体していない可能性も!

甘いと噂のYahoo!wifiですが、クレジットカードがブラックの場合は、
さすがに契約をすることができません。

しかし、口座振替で契約をすることは可能です。

口座振替の場合は、口座の状況をチェックする審査があるのですが
これも甘いといううわさがあります。

WiMAXの場合は、口座振替で契約の申し込みをすると、数日後に
口座振替依頼書という書類が届きます。

そこに必要事項を記入し、本人確認書類のコピーを同封して返送
する形となっています。

その後、審査が行われ契約申し込みから2週間後くらいで通信端末
が自宅まで届くのです。

しかし、Yahoo!wifiの場合を調査すると、口座振替で申し込みをした
3日後に通信端末が届くそうです。

しかも、その間にまったく電話での確認や書類が来たりすることは
ないそうで、本当に審査をしているのか疑問という意見もあります。

たしかにYahoo!wifiの契約時には、審査を行っていないようです。
調べてみた結果、こんな人の体験談を見つけました。

○契約者の条件

・Emobileの支払いが滞り、強制解約
・ソフトバンクの契約も打ち切られ、その後料金は完済
・Yahoo!プレミアム会員の会員費未払いでアカウント凍結

○yahoo!wifiの口座振替での契約申し込みの結果

・朝に申し込みをして、その3日後に通信端末が到着
・翌日か即日に端末を発送した可能性大

Emobileはともかくとして、ソフトバンクはYahoo!wifi系列なので、
同じ系列の通信会社の滞納履歴があっても通ってしまうのです。

また、Yahoo!wifiを契約するときに必要なYahoo!プレミアム会員も
以前、会員費未払いでアカウントが凍結したといいます。

それなのに、Yahoo!wifiの契約がすんなりできてしまうのです。

こんな審査方法で、契約できてしまって大丈夫なのか?と心配に
なってしまいますよね。

しかし、審査は別のタイミングで行われているので、問題ありません!

Yahoo!ウォレットの口座振替の審査がある

ウォレットの口座振替

WiMAXなら2週間くらいはかかる口座振替の審査ですが、Yahoo!wifi
の場合は、Yahoo!ウォレットの登録時に契約をします。

  • Yahoo!wifiの審査はYahoo!ウォレットの審査に時間がかかる
  • 2段階の審査で約1か月の期間を必要とする

YAhoo!wifiの口座振替での契約をする場合、口座を直接登録する
のではなく、Yahoo!ウォレットに登録をしてそこから料金を払います。

そして、そのYahoo!ウォレットの審査が2段階あって、期間は
約1か月間かかるのです。

この2段階の審査は公式サイトにあるQ&Aの1次審査を経て2次
審査になります。

つまり、Yahoo!ウォレットに登録をする段階で厳しい審査があり、
それをクリアしてYaahoo!wifiに登録するからこそ、すぐ通るのです。

Yahoo!ウォレットの審査基準は、過去に支払いを滞納したことがない
か、犯罪目的で作られた口座ではないか、などを確認します。

Yahoo!ウォレットに登録していない状態でYahoo!wifiに登録をすると
WiMAXよりも時間がかかってしまいます。

ポケットwifiが必要な場合は、早め早めに登録をするようにしてくだ
さい。

口座振替でもYahoo!wifiなら、手数料が無料!

WIMAXだと口座振替の場合、毎月200円の手数料を取られます。
しかし、Yahoo!wifiの場合は手数料が無料なのです。

  • Yahoo!ウォレット経由で支払うので手数料無料
  • クレジットカードでも口座振替でも利用料が変わらない

Yahoo!ウォレットからの支払いという形になるYahoo!wifiは口座
振替でも手数料がかかりません。

クレジットカードでも口座振替でも利用料が変わらないので、
節約のためにクレジットカードを発行する必要がありません。

審査に時間がかかることはデメリットですが、最低契約期間2年間
毎月発生する手数料が無料なのは、かなりのメリットですよ!

WiMAXと比較すると、月々200円で24か月間かかる合計4,800円
の手数料が無料になるのです。

ちょっとしたキャッシュバックと同じくらいの金額ですね!

ゆうちょ銀行でもYahoo!ウォレットを利用できる?

では、手数料無料でお得なYahoo!wifiにゆうちょ銀行の口座でも
契約できるのでしょうか?

  • Yahoo!wifiの口座振替はゆうちょ銀行にも対応している
  • 登録後、ネットで簡単に登録内容を変更できる

Yahoo!wifiの口座振替はゆうちょ銀行にも対応しています。
ですので、ゆうちょ銀行でも安心して申し込みをしてください。

また、登録後にネットから簡単に登録内容を変更できるので、
登録時の内容でずっと利用しなけれならないわけではありません。

そして、ゆうちょ銀行以外の金融機関は、こちらの4つが登録でき
ます。

・ジャパンネット銀行
・楽天銀行
・MIZUHO
・三菱東京UFJ銀行

このうち、楽天銀行、MIZUHO、三菱東京UFJ銀行の口座を登録
する場合は、自動口座振替契約の手続きを事前に済ませましょう。

そのうえで、Yahoo!ウォレットに口座振替の登録をしてください。

Yahoo!wifiの口座振替で契約をする手順

Yahoo!wifiを口座振替で契約する手順は、ほかのポケットwifiと
ほとんど変わりません。

  • Yahoo!ウォレットに登録をして、登録完了後に申し込み
  • 問い合わせはメールでできるので簡単

Yahoo!wifiに申し込みをするときでも、Yahoo!ウォレットに登録をして
登録完了後に申し込みをします。

ほかのポケットwifiとこの手順が違うというだけで、あとは全体の
流れは同じです。

契約に関する問い合わせもメールでできて簡単ですし、基本的に
インターネット上での契約となります。

ポケットwifiは家電量販店でも取り扱いをしているので、直接人に
疑問をぶつけたい場合は、家電量販店へ行きましょう。

通信端末の実物もチェックできるので、契約後に使っている感じが
イメージしやすくなりますよ!

モバイルルーターの審査が通らなかった理由は?(クレジットカードの場合)

ここではクレジットカードの支払いを選択した場合が前提となります。

実はクレジットカードやローンを利用したりすると信用情報が
「信用情報機関」に登録されます。

信用情報機関は次の3つになります。

  • CIC
  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

よく言われるのが携帯の料金をクレジットカード払いにしている人で
滞納が発生した場合、住宅ローンが組めないということです。

これはどうしてかというと、上記の信用情報機関に携帯料金の未納情報
が毎月登録されているからですね。

クレジットカードやカードローンなどを利用している場合には必ず登録され、
利用履歴として残るんですね。

サービス事業者はCICかJICCなどの信用情報機関に加盟しているところが多いです。
審査に厳しいと言われているサービス事業者はおそらくですが
利用申込があるとこの機関に信用情報を問い合わせて審査するわけです。

  • ・過去支払いが遅れたことがある
  • ・未納の履歴があった
  • ・カードローンや住宅ローンの債務が大きい

など過去の信用情報を調べて審査しています。

でも、口座振替の場合は通常ここまでやるかということです。
Yahoo!WiFIなどのモバイルルーターの審査で口座振替を選択した場合、クレジットカードの信用情報
が登録されている信用情報機関に問い合わせを毎回行うとは考えられません。

手間がかかりすぎるからです。

口座振替でモバイルルーターを申し込んだ場合は、通常は引き落とし口座に
現金残高が十分にあるか、そもそも、申込用紙に押印されたその銀行の登録印は正しいものなのか、銀行に照会を掛けます。
ここは事務センターから機械的に照会を書けるのでそれほど手間はかからないはずです。※日数は数日かかると思いますが。

まとめるとクレジットカード支払いの審査と口座振替の審査
はまったく別物ということです。

口座振替の場合でモバイルルーターの審査が通らなかったら?

では、口座振替でYahoo!WiFIなどのモバイルルーターの審査がNGになるケースにはどのようなことなのかあるのでしょうか?

それはそもそもの基本的な事項の確認が取れなかった場合です。

具体的には下記などが挙げられます。

  1. ・申請者の氏名、住所が口座名義人の氏名、住所と異なる
  2. ・口座残高が数千円とかギリギリもしくはまったく足りない
  3. ・申請書に捺印している印と銀行の登録印が異なる

1は家族の口座名義を使用したりする場合にやりがちなので注意が必要です
3は印鑑が不鮮明だったり、違う三文判を捺印してしまったりと結構やりがちです

こうしてみると一応「審査」と記載していますが、
それほどのものではないですよね。

基本的な内容で、ちゃんと確認したり、申請書を間違えなく記載していれば
普通に通るレベルです。

これがクレジットカードなど信用情報がブラック(ブラックリスト)の人でも
口座振替(銀行引き落とし)であればモバイルルーターの審査が通る
と言われる理由です。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人は下で説明している②のWIMAXか③のネクストモバイルにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は③のネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないですよ。

 



 



 
 
 






 安く20ギガ、30ギガ使いたいならネクストモバイル

 

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>20ギガ2760円で使えるWIFI

 

 

 

 

審査はブラックでも通る?Yahoo!wifiの審査方法は? はコメントを受け付けていません。 wifi