口座引き落とし審査が終わってポケットwifiが到着するまでの日数は?

■口座引き落とし審査が終わるまでの日数とは?

ポケットwifiはプロバイダにもよりますが、一定の時刻までに契約をすませれば
即日中に通信端末が送られてくるところもあります。

  • 口座振替の場合は、審査結果が出るまでに約3日間がかかる
  • クレジットカードは審査がすぐに済むので、急ぎの時に便利

口座振替で契約をする場合でも、クレジットカードで契約をする場合でも、
プロバイダの公式サイトから申し込みをするところから始まります。

自分が良いと思ったプロバイダに申し込みをして、必要事項を入力し、
利用規則や契約方法などについても、しっかり目を通していきます。

そして、口座振替の場合は、口座振替依頼書という書類が自宅に届くまで
待ちます。届いたら、書類に必要事項を記入して、返送。

その後、通信端末が届き、その日のうちから使えるようになります。

では、この流れには具体的にどれくらいの日数がかかるのでしょうか?
ポケットwifiを口座振替で契約した人の体験談をもとに、ご説明します。

1日目 インターネットで申し込み
5日目 口座振替依頼書が到着
6日目 口座振替依頼書の返送
9日目 口座振替依頼書の到着連絡
13日目 通信端末の発送

つまり、申し込みをしてから口座振替依頼書がプロバイダに到着して約3日で
審査は終了します。

しかし、それまでの口座振替依頼書の往復にかなりの時間がかかりますね。
申し込みから約2週間後に通信端末を手にすることができるようになるのです。

口座振替依頼書の記入事項については、このような内容を記入します。

・契約者名
・生年月日
・住所
・電話番号
・口座名義人
・金融機関お届け印
・一般金融機関(銀行などのばあは支店名も記入する)
・ゆうちょ銀行(希望者のみ)

そして、本人確認書類のコピーを同封します。

即日発送で、早ければ翌日中に通信端末が到着するクレジットカードに
比べるとかなり時間のかかる契約になります。

■口座振替の審査はどんなことを審査するの?

口座振替の審査というと、自分のプライベートな部分をのぞかれるような気が
してしまいますが、実際にはどんな審査をするのでしょうか?

  • クレジットカードやキャッシングのような厳しい審査はない
  • 公共料金や税金の大きな滞納がなければ問題ない

ポケットwifiの審査は、クレジットカードやキャッシングのような厳しい審査では
なく、公共料金や税金などの大きな滞納がなければ問題なく通過できます。

家賃や税金などの払い忘れがないかチェックして、ある場合は支払ってから
申し込みをしてください。

そして、以前、携帯料金などを滞納したことがあっても、過去の滞納記録は
無関係ですので、ご安心ください。

あくまでも、今現在の口座状況を見るための審査なのです。

また、審査のための確認の電話などもなく、口座振替依頼書が到着したと
いうメールだけです。

審査のために特に用意するものは何もなく、ただメールと通信端末の到着を
待てばいいだけですよ。

■少しでも早く口座振替の審査を終わらせるには?

ポケットwifiを口座振替で申し込むときに、少しでも早く審査を終わらせるには
申し込むタイミングに注意をしましょう!

  • 月末に申し込みをすると、審査が翌月に回されてしまうことも!
  • 月の頭に申し込みをすれば、2週間くらいでスムーズに終わる

ポケットwifiを月末に申し込みをすると、手間のかかる口座振替の申し込み
審査は翌月に回されてしまう可能性が高いです。

ですので、申し込みは月の頭にするようにしてください。
そうすることで、2週間くらいでスムーズに終わりますよ。

また、年末のタイミングで申し込むとさらに遅くなりますので、年末年始に
ポケットwifiが必要になったら、年始まで待つようにしましょう。

■ポケットwifiの中には本人確認書類のコピーが必要な場合もある

ポケットwifiを口座振替で申し込みをする場合、基本的に本人確認書類は
口座振替依頼書の段階で必要になるのですが、UQWIMAXは違います。

  • 免許書、パスポート、健康保険証のコピーが申し込みの段階でいる
  • プロバイダの公式サイトに記載されているので、事前に確認を!

本人確認書類のコピーは、免許書、パスポート、健康保険証などのコピーが
必要となります。

こうした必要書類のコピーを提出するタイミングは、プロバイダのサイトに
書かれているので、事前にチェックをするようにしてください。

また、口座振替には必ず毎月手数料が発生します。

審査に時間がかかる上に、月々の支払いも増えるので本当に口座振替で
よいかじっくり検討してみてくださいね!

急ぎの場合は、クレジットカードを発行して、申し込みをした方が早く
通信端末を手にすることができますよ。

■口座振替ができるポケットwifiと、その手数料は?

では、口座振替ができるポケットwifiの種類と、その手数料はどれくらいかかる
のでしょうか?毎月のことなので、事前に確認をしておきましょう。

  • UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX2+、Broad WiMAXが口座振替可能
  • 手数料はそれぞれ200円かかる

○UQWIAMX 口座振替手数料 200円
○BIGLOBE WIMAX 口座振替手数料 200円
○Broad WiMAX 口座振替手数料 200円

毎月200円かかると、最低利用期間・2年間で4,800円かかります。

契約時のキャッシュバックなどで5,000円割のプロバイダもありますので、
割引分がプラスマイナスゼロになるくらいの金額がかかってしまうのです。

口座振替審査に2週間前後かかること、毎月200円の手数料がかかること
などを考えると、クレジットカードを作って契約をした方が良いと考えます。

クレジットカードはフリーターでも学生でも作ることができて、最短即日に
発行してもらえるものもあるのです。

今まで、クレジットカードをもったことがない人には抵抗があるかもしれませんが
意外と簡単に作ることができますよ!

クレジットカードの所有率は、20代だと80%以下なのだそうです。

若者を中心に人気を得ているポケットwifiですので、意外と口座振替で支払って
いる人は多いのです。

また、WiMAX以外でもYahoo!wifiでも口座振替で支払うことができます。

同じように審査に時間がかかりますが、クレジットカードなしでも利用できる
のは、クレジットカードを持っていない人にとって、とても助かりますよね?



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人はWIMAXにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 


速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。


 

 >>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 



 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。

 


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
月額2000円台で使えるのは本当にありがたいです。

 

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

 

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

 

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。

 








口座引き落とし審査が終わってポケットwifiが到着するまでの日数は? はコメントを受け付けていません。 wifi