光回線のインターネット使用料を一人暮らしで安くするには

Q.png光回線のインターネット料金が5500円なのですが、これは高いですか。

会社へ入って3年目の、社会人の初心者です。
就活が大変で、20社くらいからフラれました。
もう駄目かな、と思いながら、必死でした。
それでようやく、この会社へ入れたのです。
やっと入れた会社です。
がんばって働いています。

その熱意が認められたのだと思いますが。
大阪支社へ転勤になりました。
大阪の市場開拓の一員になったのです。
同期では、私1人だけの抜擢です。

大阪のマンションで1人暮らしをしながら、がんばっています。
これまでは、仕事の打ち合わせで、大変でした。
でも、ようやく時間が取れて、生活を整えています。

ネット環境も、きちんとしなければなりません。
(大阪へ来てからは、スマホだけで済ましていたのです。)
光回線を引くつもりです。
調べたところ、月々の支払いが5500円になります。

それで質問ですが。
この数字は、妥当なものでしょうか?
もっと安くする方法はありませんか?

こういうことに詳しい方、アドバイスを下さい。
お願いします。

■インターネットの料金を今より安くしたい!

物件を探す条件の一つにインターネットの設備環境が付け加えられているほど、
自宅でインターネットを使用することが当たり前になっています。

進学で初めて一人暮らしをする学生さんも自分専用のパソコンを購入し、
アパートの部屋にインターネットの回線を引くことが普通の時代となりました。

利用者が増え、安く利用できるようになりましたが、毎月支払うものですし、
少しでもその費用は抑えたいですよね。

今回は、インターネット使用料を今よりも安くする方法についてみていきます。
(フレッツ光ご利用の場合)

■インターネット料金の内訳

インターネット料金は大きく分けて二つからなります。

①フレッツ光(NTT西日本)月額料
②プロバイダー月額料(OCN、plalaなど)

①はNTTに支払うお金で、簡単に言うと回線の使用料です。
集合住宅か戸建かなどによっても変わりますし、定額制かどうかによっても変わります。

②はプロバイダーに支払うお金です。
NTTと契約し、ご自宅に光回線を引くだけでは、インターネットは利用できません。
インターネットに接続するためには、プロバイダーと契約すること必要です。

月々のインターネット料金は①と②の合計になります。
このうち、①のNTTに支払う料金は現在住んでいる住宅のタイプによって左右され、
契約時に設定された料金から節約することはできません。

つまり、既にインターネット回線がある(インターネットを利用している)場合、
節約するためにはプロバイダー料金を節約することになります。

現在光回線を使用しておらず、今回初めて光回線にする場合は、フレッツ光初期費用、
NTT契約料が初月に追加で必要となります。

■プロバイダー選びはどうする?

NTT西日本のサイトで申し込む場合、以下のプロバイダーが選べます。
Yahoo!BB、OCN、So-net 、BIGLOBE、plala、Toppa!、楽天ブロードバンド、SANNET、
hi-ho、Broad one

他にも、ASAHIネットやBB exciteなどたくさんのプロバイダーもあります。
お住まいの都道府県がどのプロバイダーに対応しているかはフレッツ光のサイトでわかります。

さて、先ほど述べたように、NTTに支払う料金は住んでいる場所によって左右されるため、
節約をするためにはプロバイダー料金を安くすることが必要になります。

まずは、単純にプロバイダーの月額料を比較してみます。
NTT西日本地域で、集合住宅にお住まいの場合です。

BB excite 525円~
ASAHIネット 578円~
WAKWAK 630円~
DTI 714円~
plala 840円~
BIGLOBE、So-net 945円~
OCN 997円~

上記はいずれも追加料金なしの基本サービスのみの料金です。
これだけみているとOCNやBIGLOBEなどよくみかけるプロバイダーは高く感じます。

しかし、安いプロバイダーは、メールアドレスが一つか二つしか取得できなかったり、
対応している地域が限られているといったデメリットもあります。

また、光回線の料金を調べると、「実質月額1円」などといった表記を目にするかもしれません。

なぜ「実質」になるのかというと、プロバイダーは顧客を増やすために、
後からいくらかキャッシュバックしたり、何ヶ月か月額料を無料にしたりといった
特典をつけてアピールしているからなのです。

例えば、月額料が月1000円のプロバイダーを24ヶ月利用したとします。
フレッツ光の料金は除いて、プロバイダーの費用だけを考えますと、
24ヶ月で24000円かかります。

初月の月額料無料、さらに使い始めて1年後に11000円のキャッシュバックがあるとすると、
24000-1000-11000=12000となり、実際に支払うことになるのは、月500円相当となります。

この場合の500円が実質月額500円という表記に使われています。
ですから、初月は無料としても、2-11ヶ月目は実際には月1000円支払うことになりますので、
キャッシュバックが遅れてくる場合、実質月額よりも多い金額が先に必要となります。

月額料が安いプロバイダーでも特典が少なく、実質月額は安くないということもあります。
また、お住まいの地域によって利用できるプロバイダーも限られます。
困った場合はフレッツ光でもプロバイダーの相談にのってくれるようです。

ただし、フレッツ光のサイトから申し込みできるプロバイダーは10社ほどですので、
最安値を希望する場合は、自分で情報収集することが必要かもしれません。

価格.comでお住まいの地域、ご自宅のタイプを選びますと、現在の最安値が検索できます。

例えば、大阪府で集合住宅にお住まいの場合ですと、
プロバイダー料はSo-netが一番安く、2年間の実質費用は月223円です。(平均932円)

同じマンション内で8名以上の契約が見込める場合(プラン1)、
フレッツ光の月額料は、NTTの割引なしで月3078円ですので、
月々の支払いは4000円くらいになりそうです。

もし、現在お支払の料金がこれよりも高い場合、思い切ってプロバイダーの乗り換えを
検討されてみてはいかがでしょうか。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

光回線のインターネット使用料を一人暮らしで安くするには はコメントを受け付けていません。 wifi