フレッツ光からドコモ光に変えるとどのくらい安くなるか

Q.pngインターネットの使用料について、教えて下さい。

現在、光回線でインターネットをやっています。
もちろん、インターネットが必需品であることは分かります。
でも、何だか、業者に乗せられて金を払っているみたな気もします。

現在の状況は次の通りです。
戸建てBニューファミリーフレッツ光に入っています。
プロバイダーはビッグローブです。
スマホは、ドコモの2台で、定額です。
それで、毎月の支払いは次の通りです。
NTTファイナンスへ6724円。
ビッグローブへ5724円。

これを、ドコモ光との契約に変更すると、どうなるのでしょうか?
支払いが安くなりますか?
広告では、値引きのことばかり書いてあります。
それで、何が何だか、よく分からないのです。
ドコモ光用に、別な新規工事が必要になるのでしょうか?
だから、別に工事費が必要となるのですか?

この方面に詳しい方、回答をお願いします。

■ドコモ光とは

2015年3月より開始されたサービスで、ドコモの光ネット回線の通信サービスのドコモ光と
ドコモの携帯電話をセットにすることで、料金を安くする特典をアピールしています。

ドコモ光の回線は、NTTのフレッツ光と同じ回線を使用していて、移行する場合の工事費は
必要ありません。 速度のプランを変更する場合は、別途料金がかかります。

ソフトバンクやauも同じようなサービス(ソフトバンク光やau光)を開始しています。

■ドコモ光の料金

現在「フレッツ光」を利用している方は、「転用」の手続きを行えば解約手数料が0円でドコモ光を
申込むことが出来ます。

ドコモ光は戸建とマンションだけでなく、プロバイダにより「タイプA」「タイプB」「単独タイプ」
のタイプに分けて月額料金が異なります。

タイプAのプロバイダはplala、BigLobe、hi-ho、DTI、excite、
エディオンネット、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、01光コアラ、&AndLine、
U-Pa!、Qit、ドコモnetがあります。

タイプBのプロバイダは、AsahiNet、So-net、@nifty、@TCOM、
TNC、OCN、wakwakがあります。

提供開始予定のものも含んでいます。 タイプAにもタイプBにも属していないプロバイダは、
単独タイプとなります。

月額料金は、タイプAの戸建で5200円、マンションで4000円、タイプBの戸建で5400円、
マンションで4200円、単独タイプはプロバイダ料金は別途で、戸建が5000円、マンションが
3800円となります。

これらは、2年定期契約がありの場合で、なしの場合だと、戸建が+1500円、マンションが
+1000円となります。

工事費は戸建で18000円、マンションで15000円ですが、フレッツ光が導入されている場合は
0円です。 100Mbpsから1Gbpsへ乗り換える場合は7600円かかります。

ご質問お方は、戸建でビッグローブということなので、タイプAの5200円となります。
現在は5724円は支払っていられるそうなので、524円安くなります。

さらにドコモの携帯をお使いの方は、ドコモ光と組み合わせることで、さらに安くなるようです。

ひとり用のプランでは、8GBのデータパックの光データLパックで6700円で、ドコモ光と
セットにすると1000円の値引きがあります。

5GBのデータパックの光データMパックで5000円で、ドコモ光とセットにすると800円の
値引きがあります。 2GBのデータパックの光データSパックで3500円でドコモ光をセットに
すると500円の値引きがあります。

よって、戸建の場合でのセット料金は、光データLパックで6700円+5200円で11900円
のところが、1000円値引きで10900円となります。

光データMパックでは、5000円+5200円で10200円のところが800円値引きで9400円
に。 光データSパックでは3500円+5200円で8700円のところが500円値引きで
8200円となります。

家族全員でデータパックを分け合えるプランもあります。 最大で3200円の値引きがあります。

ドコモ光パックは家族何人で契約しても同じ料金となります。 家族が多い場合は10GBから30GB
のシェアパックを利用した方がよいと思います。

ドコモ光パックの対象になる携帯電話のプランは、「カケホーダイ&パケあえる」を契約している方で
、すでに新規受付が終了している旧料金プランの「タイプXi にねん」などを契約している方は対象外と
なるそうです。

旧料金プランを契約している方は、ドコモ光プランを500円の値引きで利用することができるそうです。

また、契約は2年間の定期契約となり、解約する場合は、戸建タイプで13000円、マンションタイプで
8000円の契約解除料がかかります。

■どれくらいお得か

現在のフレッツ光の使用料金が、プロバイダ料も合わせて5724円で、ドコモスマホの携帯料金が
6724円なので合計が12448円かかっています。

ドコモ光に変更して、光データLパックだと税込で11772円(税抜き10900円)なので、676円
のお得になります。 光データMパックだと税込で10152円(税抜き9400円)なので、2296円
のお得になります。

光データSパックだと税込で8856円(税抜き8200円)なので、3592円のお得になります。
スマートフォンは家の中で使用する場合は、無線LANを構築しておくと、パケットを使用せずに使えます。

また、FREESPOTなどの公衆無線LANが使える場所では、無料で接続できます。
ドコモ光はまだ開始されたばかりで、問題もでてくるかもしれませんが、料金的にはお得にはなると思います。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ヤフーが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 

ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットをする人はWIMAXにしたほうが無難です。

 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 


速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。


 

 >>光並みの高速通信ならUQ WIMAX

 





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 
 






 とにかく安く済ませたいならYahoo!Wifi

 

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。



 

またパケット単価が安いです。
例えばドコモだと1G追加オプションでは
1GBあたり1,000円の追加課金になりますが、
ヤフーWIFIではなんと
 

 



1GBあたり400円(月額2000円÷5G)で使えてしまいます。

 

スマホの追加オプションの50%OFFでネットができてしまうという安さが特徴です。


 

 


 >>月額2,000円台で使えるWiFi

 
 
 

Yahoo WIFIを申し込むにはYahoo! JAPAN IDが必要です。
もちろん取得は無料です。

ID取得はかんたんで、1分くらいで終わります。
(「新規取得」のボタンをクリック後、下記の項目を入力するだけ)



 
 





Yahoo WIFIはLTEです。

LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。

 


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
月額2000円台で使えるのは本当にありがたいです。

 

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

 

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

 

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。

 








フレッツ光からドコモ光に変えるとどのくらい安くなるか はコメントを受け付けていません。 インターネット契約