予算が10万円以下のおすすめのノートパソコンは?

Q.png10万円以下で買えるノートパソコンを教えて下さい。

パソコンやネットについては、何も知りません。
いろいろな所でネットを見たり、会社でパソコンを使うだけです。
その会社で、今度、技量制度が入りました。
つまり、エクセルやワードの技量がないと昇給出来ないのです。

それで、とうとうパソコンを買うことにしたのです。
パソコンでエクセルを練習するのです。
どうせなら、ネットもしたいと思います。

とういうことで質問です。
ノートパソコンは、何を買えばいいでしょうか?
予算は10万円までです。
エクセルが入っていなければなりません。
ワードが入っていれば、さらにいいです。
予算が超えるようなら、ワードはあきらめます。

それと、ネットに繋がることが条件です。
ネットサーフィンが、サクサクとできなければなりません。
それと動画です。
高速で動画を読み込めて、快適に再生できなければなりません。

こうした条件にマッチするオススメのパソコンを教えて下さい。
どうか、回答をお願いします。

■ノートパソコンの処理速度

ノートパソコンは小型で厚みも薄いものが好まれます。
しかし、高速なCPUを積むには、早いものほど熱が発生するので、冷却装置の設備が必要となる
ので、高速を求めるなら、デスクトップのほうが早いものが多いです。

しかし、技術力も上がり性能の良いノートパソコンも多く発売されています。

パソコンの処理速度は一番に、CPUで左右されますがインテルから新世代のCPUが発売され
それを搭載したパソコンも発売されています。

インテルの新世代CPU「第5世代Coreプロセッサー(Broadwell)」は、2008年11月
に発表され、2015年1月より、それを搭載したパソコンが発売されました。

第5世代Core(コードネーム Broadwell)は、世界初の「14mmプロセス」で製造され、
内蔵GPU(グラフィック)の機能を強化しています。

第4世代Core(コードネーム Haswell)と比べて、3D性能で22%、動画変換で50%、
生産性で4%の高速化となり、1.5時間のバッテリーの駆動時間が向上しました。

CPUはコア数で処理速度も変わります。 最近は2コアが主流で、4コアというものも登場しました。
処理速度はクロック数GHzで表示します。 クロック数の大きいほど処理速度は、速いです。

メモリ容量は、CPUが処理をする場合の作業域のようなもので、大きいほど処理速度は速く
なります。 標準では4GBが搭載されているものが多いですが、メモリスロットに空きがあると
追加できるので、安心です。

HDDのディスク容量を確認します。 HDの空き容量が減ってくるとパソコンの処理速度遅くなる
ので注意が必要です。 多くのアプリをダウンロードしたり、動画ファイルなどを保存したりする
のであれば、容量が大きいものを選択したほうがよいでしょう。

■第4世代Coreを搭載したノートパソコン

第4世代Core(Core i7)を搭載したパソコンをいくつか紹介します。

・Lenovo社製のThinkPad E450 20DCCT01WW限定モデルです。
液晶サイズは14インチのワイド画面で、解像度はWXGA(1366×768)です。

CPUはCore i7 5500Uでクロック周波数は2.4GHzの2コアです。
メモリ容量は8GBで空きメモリスロットは1つあります。

HDD容量は500MBで駆動時間が18時間あります。
現在の最安値は74520円です。

・東芝社製のdynabook TB67/PG PTB67PG-SUK-K限定モデルです。
液晶サイズは17.3インチのワイド画面で、解像度はWXGA++(1600×900)です。

CPUはCore i7 4720HQでクロック周波数は2.6GHzの4コアです。
メモリ容量は8GBで空きスロットは1つあります。

HDD容量は750GBで駆動時間は3.8時間です。
現在の最安値は、93100円です。

・HP(ヒューレット・パッカード)社製のPavilion 15-p200 パフォーマンスモデルです。
液晶サイズは15.6インチのワイド画面で、解像度はWXGA(1366×768)です。

CPUはCore i7 5500Uでクロック周波数は2.4GHzの2コアです。
メモリ容量は8GBで空きスロットは1つあります。

HDD容量は1000GB(1TB)で駆動時間は5.5時間です。
現在の最安値は86184円です。

・DELL社製のInspiron 13 7000シリーズ 2 in 1 プラチナ・フルHDタッチパネル
Core i7 5500U搭載モデルです。

液晶サイズは13.3インチのワイド画面で、解像度はフルHD(1920×1080)です。
windows8対応のタッチパネル画面です。

CPUはCore i7 5500Uでクロック周波数は2.4GHzの2コアです。
メモリ容量は8GBで空きスロットはありません。

HDD容量は500GBで駆動時間は7時間です。
現在の最安値は99338円です。

■パソコンを安く買うには

パソコンをできるだけ安く買うには、ネットで最安値を探す方法もありますが、インターネット
を新規加入すると、高額なキャッシュバックがある特典があります。

パソコンを購入時にインターネットに加入すると、激安でパソコンが購入できるというものです。
有料のオプションが最初からつけられている場合があるので、注意する必要はありますが、
インターネットも必要であれば、検討してもよいかと思います。

また、富士通の通販サイトなどでは、会員になれば割引クーポンがもらえたりします。



インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





 

イラスト

 

速度だけで選ぶと当然光回線が一番速いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。

 




実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。


 

逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は速いぶん、それだけコストもかかりますが・・・

 


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

 

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

 

モバイル回線はWIMAXとLTEの2種類です。

 


コスパ重視ならLTE!
都市部以外に住んでいる人でwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)を使っているモバイルルーターがよいです。
 

ネクストモバイルが出しているWIFIなら2000円台でネットができます。
全国エリアなので地方でも電波が入りやすいので都市部以外に人は特におすすめです。
 


 




 

 光並みの爆速通信ならWIMAX

 

WIMAXは基地局も3万を超えてどんどん増えているので安定した通信回線になっています。

都市部に住んでいる人は光回線並の速さ(数十Mbps)でストレスなく通信できるでしょう。

 

速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできます。



>>光並みの高速通信ならWIMAX

 

ただ、‥WIMAXは都市部で外で使う場合限定ならおすすめできます。

室内でも電波は入りますが、不安定になる場合もあるので完璧とはいえません。(体験済み)
 



※電波の安定性と高速通信、かつ大容量データを希望する場合は②ネクストモバイルが最適です。





 

 
 

端末はどれを選べばよいか?

基本的には一番左の最新端末を選んでおけば
間違いありません。

 

「au 4G LTE」というオレンジのマークがある端末はauのスマホの電波でもネットができます。
(別途1000円必要)

旅行等でよほど田舎(島とか)に行かないとWIMAXの電波が入らないということはありませんが、心配な人はこの「au 4G LTE」がついている端末を選びましょう!

(使わなければ1000円の追加料金はかかりません)

 
 



 
 



 
 
 






 安くて安定した速度ならネクストモバイル

 

今人気なのはこのwifiですね。

 

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


 

光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に20メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。

携帯キャリアの大容量プランははっきり言って高いです。
でもヤフーWIFIは5ギガなので少ない。
 

かと言って、格安SIMで大容量プランをうたっているサービスは1Mbps程度のかなりの低速で、使い物になりませんでした。

 
そこで私が目をつけたのは、モバイルルーターが20ギガで2000円台で使えるネクストモバイルというルーターです。

 


このネクストモバイルはヤフーWIFIと同じLTEの電波をつかっているモバイルWIFIルーターですが
大容量使えるのが最大の魅力です!

 



20ギガプラン:1ギガあたり138円

30ギガプラン:1ギガあたり116円

で使えてしまいます。

他にも探しましたが、20ギガ、30ギガの大容量プランでネクストモバイル
ほど安くところは見当たりませんでした。

ヤフーWIFIも安いのでいいのですが、5ギガとちょっと少ないです。
キャンペーンで1980円で使えるので少ないデータ容量で足りる人はいいと思います。
5ギガだとちょっと物足りない場合は
このネクストモバイルが最強です。

 



 

20ギガで何ができるかというと

動画:月90時間(1日3時間)

音楽ダウンロード:月5000曲

と十分じゃないでしょうか。

以前は光回線を引いていたのですが、現在は節約のため解約し
私はこのネクストモバイルを外でも家でも使っています。

LTE回線なので家の中で電波が不安定と言われているWIMAXと比較しても
外でネットしているときと同じ位の速度なので安心してyoutube見れますし。

 

 

この写真は25日くらいのときの数値なのですが、残り6ギガ以上もあって
速度制限になることもありませんでした。
 

※毎月月末にデータ容量はクリアされます。

 

格安SIMみたいに遅いんじゃないの~?と最初は半信半疑でいたのですが、ソフトバンクでもスマホと同じ周波数
を4G LTE(900MHz/1.7GHz/2.1)と4G(2.5FHz)で使えるので高速で通信できました。
(概ね20Mbps以上の速度)

夜間の混雑時でも最低15Mbps以上は出ていましたよ。

 

スマホの速度制限で困っている人、一人暮らしで安いネット回線を探している人は使わない手はないでしょう。

※ちなみになんでこんなに安く提供できるのか、このネクストモバイルに聞いてみました。
明言はさけていたのですが、ソフトバンクの代理店として多額の手数料収入があるから
これだけ安い月額でも利益がでているようですね。

 

ドコモで20ギガのプランにすると6000円なので
1ギガあたり400円(6000円÷20ギガ)…
 

でもネクストモバイルなら1ギガあたり138円なので
約1/3の料金で使えてしまいますのでかなりお得です\(^o^)/

私も光回線の料金を節約できたことがつい嬉しくなり職場の人にも見せびらかしてしまいました!(笑)

 
 
 


>>2,760円で使えるWiFi

 

 


 

 

予算が10万円以下のおすすめのノートパソコンは? はコメントを受け付けていません。 インターネット契約