大学の寮(大分大学)でのインターネットに接続方法について

Q.png次年度から、大分大学に通うこととなりました!
実家は山口なので、大分大学についている学生寮に入る予定です。

わくわくしながら、学生寮に入る準備をしているのですが、
学生寮の各部屋のインターネット環境はどうなっているのでしょうか?

何も手続きせず、インターネットは部屋で使えますか?
やっぱり、料金ってかかってきますよね?
全く、費用感がわからないのですが、どのくらいかかるのでしょうか。

インターネット回線を自分で契約しなければいけない場合は、
どのような手続きが必要なのでしょうか。

お詳しい方、大分大学でなくても学生寮の経験のある方、
ご経験談などを教えてください!

どうぞよろしくお願いいたします。

■大分大学の学生寮について

大分大学の学生寮は、旦野原キャンパス内に5階建ての建物が1棟あります。

医学部以外の学部には、歩いてすぐの場所ですが、医学部のある挾間キャンパスまでは,約10Km
離れていて、バスや電車利用を使うと90分かかるそうです。

学生寮の収容人員は290人で、部屋は全て個室です。
一般学生・外国人留学生用居室が288室あり、身体等に障がいのある学生専用の居室が2室あります。

学生寮は1棟で、男女混合タイプですが、男子、女子、留学生ゾーンを設け、エリア分けされています。

共用スペースの設備は、談話室、多目的室、図書室、ラウンジ、自販機コーナー、コインランドリー
、屋上物干し、メールボックス、宅配ボックス、外来者用トイレ等があります。

個人の居室には,ベッド(マットなし)、机、椅子、クローゼット、UBT(ユニットバストイレ)、
エアコン、ミニキッチン(IH)、インターネット配線、TV 配線が備え付けてあります

寮に自転車、原動機付自転車はいつでも持ち込めますが、バイク(自動二輪)は半年間、自動車は
1年間持ち込むことはできません。 自動車の駐車料は、月2481円です。

入寮者の選考は,経済的な事由と地理的な事由(通学に要する時間が90分以上)を考慮して行って
いるようです。

月額費用は、寄宿料が20000円、共益費が2000円、インターネット使用料が2000円
合計24000円と光熱水料がかかります。 ガスは通っていません。

維持管理一時金として入居時に40000円必要です。
また、テレビを持ち込む際には、NHK受信料が必要です。

■大学寮の部屋内でのインターネットの使用について

大分大学の学生寮では、インターネットは寮生が全員加入が条件となっているようです。
月額料金は2000円です。 光回線を使ったインターネットのようです。

インターネットを使う場合、通常ならNTTやKDDIなどの回線会社とプロバイダとの契約をしない
といけません。
それぞれで月額料金が発生します。 合計で、月額料金4000円~5000円くらいです。

しかし、大分大学の学生寮は、電話回線はないので、おそらく大学側がインターネット環境をすでに
構築しているものと思われます。

部屋の壁にLANケーブルのソケットがついていて、工事を行わなくても、LANケーブルを挿すだけで
インターネットが使えるタイプだと思います。

この場合は、回線会社やプロバイダと契約する必要は無く、大学が指定したインターネット管理会社と
契約することになると思います。

インターネット管理会社と契約して、インターネットを使用する場合の月額料金が2000円だと
思います。 大学のネットワークにアクセスできて、便利な面も多いです。

大分大学には、教務情報システムというネットワークがあり、多くの学生が利用しているようです。
キャンパス内には、無線LANも配備されているようです。

しかし、大学が指定したインターネット管理会社が、セキュリティ面も管理することになるので、
その点は安心ですが、その反面、オンラインゲームができなかったり、アクセスできないサイト
があったり、動画の閲覧もできない場合があったりします。

通常のNTTなどの回線会社とプロバイダとの契約の場合は、そのような規制はないかと思いますが、
その方法ができない場合は、ポータブル通信端末を使う方法があります。

■個別にインターネットをつなぐ

学生寮の部屋内から個別でインターネットをつなぐ方法としては、回線を引かない、
モバイル通信端末を使う方法があります。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが
提供している、モバイルデータ通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)
を利用する方法です。

ほとんどのモバイル通信では、7GBの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は基本使用料が4196円で、2年間使い続けるおトク割500円を割り引いた
3696円です。

インターネットのサイトから申し込むと、キャッシュバックなどの特典があるところもあります。

もしスマートフォンをお持ちで、そのスマートフォンにテザリングの機能があれば、スマートフォンを
モバイル通信端末として利用して、パソコンにインターネットをつなぐこともできます。
スマートフォンがパケット定額サービスなどの契約をしていないと、高額料金がかかります。

学生寮内の専用インターネットに必ず契約しないといけないのであれば、両方で料金を負担しないと
いけないので、テザリングを利用したほうが使った時だけ請求されるので、よいかもしれません。





インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





イラスト

速度だけで選ぶと当然光回線が一番早いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。






実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。



逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は早いぶん、それだけコストもかかりますが・・・


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

モバイル回線は主に2種類


WIMAX



LTE




です。


安定性重視ならLTE!
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。
家の中でも電波が入りやすいので、WIMAXに比べて途切れにくいです。
ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットサーフィンをする
人はWIMAXにしたほうが無難です。




 主に外で使いたいならWIMAX

WIMAXは電波感度がLTEよりも不安定ですが、感度がいい場所ではLTEはよりも速いです。
都市部に住んでいる人でLTE回線より速い通信速度を希望するならこちらでも問題ないですよ。


そして、ギガ放題のプランならLTEのよりも速度制限がゆるいです。




月間7Gをいつも超えるひとはWIMAXしかないでしょう。
なぜかというとWIMAXは3日で3G、1ヶ月7Gを超えると速度制限されます。



しかし速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできるからです。


 >>ガチャピン・ムックのUQ WIMAX










 家でも外でも使いたいならYahoo!Wifi

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。




 >>月額2,000円台でWiFiする方法とは?





LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
2000代で使えるのは本当にありがたいです。

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。