学生寮(中部大学)でのインターネット環境と料金について

Q.png次年度から、中部大学に通うこととなりました!
県も違うので、中部大学についている学生寮に入る予定です。
学生寮に入る準備をしているのですが、
学生寮の各部屋のインターネット環境はどうなっているのでしょうか?

インターネットは部屋で使えますか?
また、使えるのであればどのような方式が使えますでしょうか。
光回線など・・・

また、やはり料金ってかかりますよね?
全く、費用感がわからないのですが、どのくらいかかるのでしょうか。

インターネット回線を自分で契約しなければいけない場合、
どのような手続きが必要なのでしょうか。

お詳しい方、中部大学でなくても学生寮の経験のある方、
ご経験談などを教えてください!

どうぞよろしくお願いいたします。

■中部大学の学生寮について

中部大学の学生寮は、キャンパスの南西、高台の閑静な一角にあり、各部屋は南に面し眺望も
雄大だそうです。

鉄筋コンクリート造り3階建ての北寮と4階建ての南寮の2棟からなり、食堂、浴室など
各種施設を完備しています。

部屋は58室あり、全室個室タイプです。 入寮できるのは、1年生男子学生の方限定です。

部屋の設備は机、ベット、棚です。 洗面台がある部屋もあるそうですが、ほとんどはありません。
共同エリアには、風呂、トイレ、食堂、洗濯機、乾燥機、洗面台、炊事場、ラウンジなどが
あります。

寮費は、入寮費が10000円、寮費(年額)は270000円(月あたり22500円)
光熱水費も含んでします。

あと、寮生の親睦費として使われる、桃丘会費(年額)として12000円で、年間合計
292000円です。 寮の食堂での食費は、朝食390円、夕食490円です。

テレビや冷蔵庫を持ち込む生徒が多いようですが、部屋が少し狭いので、必要の無いものは
控えたほうがよいでしょう。 エアコンはないようですが、コタツを置いたりしているようです。

■学生寮の部屋でのインターネットの利用について

学生寮の各部屋でのインターネットの使用は、可能らしいです。 光回線での接続をすること
ができるそうです。 有線LANを使った方式になります。

おそらく壁にLANケーブルのソケットが付いていて、LANケーブルを差し込むとすぐに
インターネットが使えるタイプだと思います。

インターネットを使う場合、通常ならNTTやKDDIなどの回線会社とプロバイダとの契約をしない
といけません。
それぞれで月額料金が発生します。 合計で、月額料金4000円~5000円くらいです。

大学生協などでもプロバイダ事業を行っているので、フレッツ光の回線を使用する場合は、
大学生協で契約することができるかもしれません。

しかし、大学側がインターネット環境を構築している場合は、回線会社やプロバイダと契約する
必要は無く、大学が指定したインターネット管理会社と契約することになります。

大学側が指定したインターネット管理会社か、回線会社とプロバイダとの契約かの、どちらかを
選択できるところもあります。

中には、ビジネスホテルやインターネットマンションのように、どこと契約しなくても
インターネットがすぐ使える環境が備わっているところもあります。

インターネット管理会社を利用すると、通常よりも格安料金となるところが多いです。
料金は大学側がある程度、負担する形になると思うので月額2000円くらいだと思います。
大学のネットワークにアクセスできて、便利な面も多いです。

中部大学には、単位が取得できるeラーニングというネット授業のサイトもあります。
キャンパス内でも無線LANが使えるようです。

学校の校内にも自由にインターネットが使えるパソコンを設置した施設も準備されています。

しかし、大学が指定したインターネット管理会社が、セキュリティ面も管理することになるので、
その点は安心ですが、その反面、オンラインゲームができなかったり、アクセスできないサイト
があったり、動画の閲覧もできない場合があります。

通常の回線会社とプロバイダとの契約の場合は、そのような規制はないかと思いますが、その
方法ができない場合は、ポータブル通信端末を使う方法があります。

■個別にインターネットをつなぐ

学生寮の部屋内から個別でインターネットをつなぐ方法としては、回線を引かない、
モバイル通信端末を使う方法があります。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが提供している、モバイルデータ
通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)を利用する方法です。

ほとんどのモバイル通信は、7Gbの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は4000円ほどです。

また。スマートフォンでテザリングの機能があるものだと、スマートフォンを利用して
WiFi通信を受信するという方法もあります。

中部大学の学生寮は1年生の男子学生しか入寮できないため、1人暮らしが不安な生徒や、
仲の良い友人を早くつくるには、とてもよい環境だと思います。

みんなで食事をしたり、風呂に入ったり、勉強したり、共同生活のため、いやでもたくさん
の友人ができるそうです。

また、バーベキューや日帰り旅行、学生寮餅つき大会などの寮生が参加するイベントもたくさん
あるようです。

2年生になって新しい住居を探す際にも、学校や生協から自分にあった物件を紹介してくれる
ようです。





インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





イラスト

速度だけで選ぶと当然光回線が一番早いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。






実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。



逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は早いぶん、それだけコストもかかりますが・・・


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

モバイル回線は主に2種類


WIMAX



LTE




です。


安定性重視ならLTE!
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。
家の中でも電波が入りやすいので、WIMAXに比べて途切れにくいです。
ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットサーフィンをする
人はWIMAXにしたほうが無難です。




 主に外で使いたいならWIMAX

WIMAXは電波感度がLTEよりも不安定ですが、感度がいい場所ではLTEはよりも速いです。
都市部に住んでいる人でLTE回線より速い通信速度を希望するならこちらでも問題ないですよ。


そして、ギガ放題のプランならLTEのよりも速度制限がゆるいです。




月間7Gをいつも超えるひとはWIMAXしかないでしょう。
なぜかというとWIMAXは3日で3G、1ヶ月7Gを超えると速度制限されます。



しかし速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできるからです。


 >>ガチャピン・ムックのUQ WIMAX










 家でも外でも使いたいならYahoo!Wifi

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。




 >>月額2,000円台でWiFiする方法とは?





LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
2000代で使えるのは本当にありがたいです。

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。