寮にあるインターネット有線か無線か、津田塾大学の寮です

Q.png津田塾大学の寮について、詳しい方いらっしゃいますでしょうか。
先日、無事に津田塾大学に合格し、入学手続を終えました。

九州に住んでいるので、大学寮を希望しています。
調べてみても、寮について詳しく記載がなかったので質問させてください。

①各部屋にテレビを置くことはできますか?
基本的には2人部屋らしく、一部屋に2つテレビがあるのも違和感があります。
②寮の設備に「インターネット回線」とありますが、
有線LANと無線LANのどちらでしょうか。

早めに、買い物に行くなどの準備をしたいと思っているので、
早めにお返事を頂けると、嬉しいです。

みなさんのアドバイス、お待ちしております。
どうぞ、よろしくお願いします!

■津田塾大学の学生寮について

津田塾大学には、キャンパス内に東寮(とうりょう)、西寮(せいりょう)、白梅寮(しらうめりょう)
の3つの寮があります。
入寮条件としては、自宅からの通学時間が片道3時間以上であることだそうです

東寮は、定員81人、西寮も81人で、一人部屋が各寮に39室、二人部屋が21室あります。
白梅寮は、定員142人で全て二人部屋で71室あります。

毎年新しい入寮生は、60~80人で、どの寮に入れるかはわかりません。
抽選で決められるそうです。 二人部屋から一人部屋への移動も出来る場合もあるそうです。
その場合も抽選になるのかもしれません。

各寮の部屋にある設備は、机、椅子、本棚、ベッド、クローゼット、インターネットの配線です。
共同部分には、キッチン、風呂、洗濯機、乾燥機が備えられています。

どの寮も全室冷暖房完備です。 各階に共同のキッチンがあり、自炊をすることが基本だそうです。
そのため、食器や調理器具も持参したほうがよいらしいです。 自炊だと当番があるそうです。

入寮できる年数に制限などはないようです。 外国からきた生徒もいっしょに入寮するそうです。

津田塾大学は、地方から来る生徒が多いので、入寮希望が多く、抽選で当たるのも難しいそうです。
各寮とも、学生生活課で管理運営のサポートは行いますが、生活面でのルールなどは、寮生たちが
自主的に決めて実行しているそうです。

■寮の部屋内でのテレビやインターネットの使用について

部屋が狭いので、極力荷物は減らしたほうがよいそうです。
自炊をすることが多いので、食器、調理器具も必要です。

①の質問のテレビですが、禁止にはなっていないようですが、個人のスペースが狭いため二人部屋
では持ってきていない生徒がほとんどだそうです。

テレビは、一人部屋になると持ち込む生徒は多いそうです。
共同生活の同居人に対する配慮が必要のようです。
共同のエリアに大画面テレビが置いてあり、みんなで見ているそうです。

②のインターネット回線の種類ですが、有線LANタイプのようです。
おそらく壁にLANケーブルのソケットが付いていて、LANケーブルを差し込むとすぐに
インターネットが使えるタイプだと思います。

学生寮に無線LAN(WiFi)の環境は無いそうです。

インターネットを使う場合、通常ならNTTやKDDIなどの回線会社とプロバイダとの契約をしない
といけません。
それぞれで月額料金が発生します。

大学生協などでもプロバイダ事業を行っているので、フレッツ光の回線を使用する場合は、
大学生協で契約することができるかもしれません。

しかし、大学側がインターネット環境を構築している場合は、回線会社やプロバイダと契約する
必要は無く、大学が指定したインターネット管理会社と契約することになります。

大学側が指定したインターネット管理会社か、回線会社とプロバイダとの契約かの、どちらかを
選択できるところもあります。

インターネット管理会社を利用すると、通常よりも格安料金となるところが多いです。
もしくは、大学側が料金を負担して、無料のところもあります。
大学のネットワークにアクセスできて、便利な面も多いです。

しかし、大学が指定したインターネット管理会社が、セキュリティ面も管理することになるので、
その点は安心ですが、その反面、オンラインゲームができなかったり、アクセスできないサイト
があったり、動画の閲覧もできない場合があります。

通常の回線会社とプロバイダとの契約の場合は、そのような規制はないかと思いますが、その
方法ができない場合は、ポータブル通信端末を使う方法があります。

■個別にインターネットをつなぐ

学生寮の部屋内から個別でインターネットをつなぐ方法としては、回線を引かない、
モバイル通信端末を使う方法があります。

UQWiMAX、docomo、SoftBank、Y!mobile(旧イーモバイル)などが提供している、モバイルデータ
通信WiFi電波を発信してくれるモバイルデータ通信端末(ルータ)を利用する方法です。

ほとんどのモバイル通信は、7Gbの通信量を超えると速度が落とされる速度制限がありますが、
無制限で使えるのはWiMAXです。

WiMAXの月額料金は4000円ほどです。

また。スマートフォンでテザリングの機能があるものだと、スマートフォンを利用して
WiFi通信を受信するという方法もあります。

しかし、寮の各部屋はほとんど二人部屋の共同生活となるので、個別にインターネットを引く
のは同居している学生に迷惑がかかるか確認しないといけません。

津田塾大学の学生寮はわかりませんが、テレビの持ち込みは禁止で、ワンセグによるテレビの
視聴も禁止されている学生寮があるそうです。

学校は、寮生の自主管理に任せているそうなので、勝手な行動は控えたほうがよいでしょう。
門限もあるそうです。

そのかわり、いっしょに自炊することにより、寮内に溶け込んで、仲の良い友人や先輩を
つくるのも早いと思います。





インターネット回線を「速度」だけで選ぶのは危険です!





イラスト

速度だけで選ぶと当然光回線が一番早いです。
次にケーブルテレビの回線、モバイルWIFI、ADSLの順番に遅くなっていきます。



光回線は数十Mbps以上の速度で動画やネットサーフィンを快適にできます。

しかし、本当にそれだけの速度が必要かというと、そうでもありません。






実際にネットサーフィン、ネットショップでの通販、メール、ユーチューブなど
いわゆる「普通」の使い方をしている人は最低数Mbps(5~10Mbps)の速度
であれば体感的には光回線とさほど変わらないのです。



逆にオンラインゲームや、2時間の映画をネットで頻繁に見る、
などのヘビーな使い方をしている人は間違いなく光回線にすべきです。

もちろん光回線は早いぶん、それだけコストもかかりますが・・・


要は、保険と同じように、自分の利用目的に合うインターネット回線を
選ぶ事が重要なのです。

また最近は手軽に契約できて速度も最低でも10メガ程度でるモバイル回線の方を契約する人が増えてきました。

モバイルルーターという小さい機器だけでWIFIでパソコンやスマホに

繋げられます。

モバイル回線は主に2種類


WIMAX



LTE




です。


安定性重視ならLTE!
家でも外でもwifiするなら携帯と同じ電波(LTE)
を使っているモバイルルーターがよいです。
家の中でも電波が入りやすいので、WIMAXに比べて途切れにくいです。
ただ、速度制限はWIMAXより厳しいのが難点ですのでたくさんネットサーフィンをする
人はWIMAXにしたほうが無難です。




 主に外で使いたいならWIMAX

WIMAXは電波感度がLTEよりも不安定ですが、感度がいい場所ではLTEはよりも速いです。
都市部に住んでいる人でLTE回線より速い通信速度を希望するならこちらでも問題ないですよ。


そして、ギガ放題のプランならLTEのよりも速度制限がゆるいです。




月間7Gをいつも超えるひとはWIMAXしかないでしょう。
なぜかというとWIMAXは3日で3G、1ヶ月7Gを超えると速度制限されます。



しかし速度制限時でも5,6Mbpsの速度がでるので、普通のネットサーフィン
やユーチューブ位なら快適にできるからです。


 >>ガチャピン・ムックのUQ WIMAX










 家でも外でも使いたいならYahoo!Wifi

今人気なのはヤフーがやっているこのwifiですね。

ネットサーフィンとメール、ちょっと動画くらいならこのwifiルーターで十分
でしょう。


光回線より遅いイメージがあるモバイル回線ですが、普通に10メガbpsくらい

速度がでますのでネットはもちろん動画を見るにも十分な速度です。




 >>月額2,000円台でWiFiする方法とは?





LTEのルーターは全国のエリアをカバーしているので安心です。

地下やマンションでもつながらないということはまずないです。


・・・特にこのヤフーWifiはポケットWiFiの定番になりつつあります。



スマホの7Gを使いきってしまう人や3日で1Gを超えてしまう人などにとって
2000代で使えるのは本当にありがたいです。

自宅では動画をたまに見る程度の人もスマホのテザリングとこのヤフーWifiとの併用
で十分使えてしまいます。

ネットをガンガン使う人はWIMAXでいいですが、ちょっと高めです。

私も、もうすぐ2年目に突入しますがコスパを選択するならヤフーwifi以上のものは見当たりませんでした。